« 高島トレイル(三国峠~おにゅう峠) | トップページ

2008年11月 1日 (土)

茨川~藤原岳 迷い尾根から大いに迷う

Fujiwara02年間温めていた企画。茨川~藤原岳へ。

茨川から茶屋川を歩き、そのまま藤原岳に登る、という計画を思い立った去年。実行直前に雪が降ったため、藤原岳は断念し、茨川⇔三筋滝といういつものコースで我慢した。今年は雪が降る前に!と早めの日程。そして茨川→西尾根→藤原岳→迷い尾根→茨川というコースにチャレンジ!!初めてのコースなのでしんちゃんにも下調べや地図の準備を念押しした。一緒に地図とにらめっこして歩こうよ~という感じ。

Fujiwara山登りを始めて1年。今まではいつも誰かが企画した山行に着いていくというスタイルだったが、そろそろ自分で地図ぐらい読めなくてはいけないのではないか!ついに機は熟した!!とばかりに今回はコース設定も自分。先月しんちゃんと二人で石谷川を遡行できたのに気を良くした、というのが本当のところだが…。私は地形図にコースのラインが入ったものを用意。しんちゃんは山地図に磁北線を引いて準備万端。決行前日にカヤック仲間1名も参加することになり、3人で茨川へ向かう。

Fujiwara2

茨川を9時スタート。茶屋川を軽快に遡行。蛇谷分岐で沢靴からトレッキングシューズに履き替え西尾根に取り付く。さぁ、念願の藤原岳へ!!西尾根は最初、結構な急登。

Fujiwara3

西尾根は落ち葉と木漏れ日が気持ちの良い空間。

Fujiwara4

西尾根から藤原岳を望む。

Fujiwara15

11:50。藤原岳山頂に到着。も~お腹減った~、今すぐ食べな死んでしまう~。というわけで少し南に進んだとこでランチにした。

Fujiwara5

三重県側を見下ろす。伊勢湾も望めていい景色。しかし滋賀県側からアプローチした者としては、山奥に分け入って凸凹林道を30分以上かけてやっとこスタートできたのに、あまりにも街が近いのでなんだかな~という感じ。郊外の山に登ったみたい…。

Fujiwara6

ここから藤原岳の南尾根を下るのだが、私の抱いていた尾根歩きのイメージを覆すビックリするほどの急降下。踏み跡もハッキリせず歩いている内に方向を見失いそうになる。

Fujiwara16

ちょっと足を踏み外したら2~30mずり落ちそう…。これがスキー場だったら泣いてごめんなさいしてリフトで降りるかも(私の腕で)。コンパスと赤テープを頼りに恐る恐る進む。もしガスったら一歩も動けなくなりそうだ。

Fujiwara7

山と高原地図にも迷マークが記されているし…。ところどころに出てくる看板で現在地を確認する。

Fujiwara8

やっと登山道らしい分岐に行き当たる。おお~まるでハイウェイのように感じるわ~。

Fujiwara14

蛇谷分岐を14時に通過。現在西を向いて進んでいるがそろそろ冶田峠との分岐に差し掛かる頃だ。分岐を南に進めば冶田峠、真直ぐ西へ進めば茨川。私たちは今回ダイレクトに茨川を目指す。下調べではその分岐には迷い尾根という標識が立っているらしい。迷い尾根というぐらいだから要注意。

Fujiwara17

その前にちょっと休憩~。ハイウェイ尾根で飛ばしすぎて…。現在地は13番。もう少しで迷い尾根だなと確認後出発したが、ここでハプニング。仲間に借りたストックを13番ポイントに忘れた~(涙)。仲間には現在地で待ってもらい、あわてて一人、地図とコンパスを片手に戻る。しばらくしてポイントに到着。あれ?様子が違う!?よく見ると看板には12番の表示。傍らには迷い尾根分岐の看板が…!!え!?私たちは迷い尾根をとっくに通り過ぎていたようだ。約20分程ロスをしたが、ストックも無事見つかり正しい現在地も把握できたので、結果オーライということで。

Fujiwara9

迷い尾根も迷わず通過できたし(?)、あとは茨川に下りるだけ~!!バンザーイ!!南尾根では苦労したけど道も見失わず来れたし、私たちもなかなかヤルやないの~。時間も気になってたけど、これなら余裕を持ってゴールできそうやし。ああ~一安心。とハシャギながら西に突き出た尾根を下り始めた。15:08。

Fujiwara10_2 

しかしバンザイはまだ早かったのです。なんだか急斜面になってきたけど…。ご機嫌さんで進んでいたが、いよいよ尾根は立って歩くことが困難な急斜面となり、切り立った両側の谷底に細い沢が流れているのが見えてきた。

地形図では尾根の先端に茨川があるはずだ。しかし、この尾根を降りたとしても沢の出合いに出るだけ…。この急勾配では無事に降りられるかどうかも分からないし、沢に降りてしまったその後は?二人は沢靴を持っているから大丈夫かな?。時刻は15:45。登り返しても正しい道が見つけられるのか?だったら暗くなる前に沢へ降りたほうが早いのでは…?いろんな考えが頭をよぎる。でも…これって道迷いで一番してはいけないパターンに陥りかけているような…。沢に降りずに尾根に上がる。これが鉄則だったはず。

よし、登り返そう!!テープのあったところまで…!ハッ、そういえばバンザイした後、誰もテープがあるかどうかを気にしなくなっていた。あとは降りるだけ~と気をゆるめたとたん…。人間の心理って怖いわ~。さぁ、登ると決めたからには気合を入れて登るぞ!!おサルのように木伝いに登る登る。山登りというよりクライミングに近いものが…。がんばれがんばれ。登り返す間、全員の頭の中では、ビバークのシュミレーションが始まっていたようだ…が、あまりにも不吉なので誰もそれを口には出さなかった。

Fujiwara11

テープあったで~!!先頭を進んでたカヤック仲間の声が聞こえた。16:07。よかった~!!私たちは降りるべき尾根のひとつ北側の尾根に迷い込んでいたようだ。正しい尾根は杉が生えている方だった。間違った尾根は広葉樹が主。うん、歩きやすいね。やっぱ植林で人が入ってる感じが…(←早く気づけば良かった)。すっかりテープ信者となった私達はひたすらテープを頼りに下山を急いだ。

Fujiwara12

杉林を進むうちに前方に青い屋根が見えてきた。今度こそ茨川だ!!バンザ~イ!!日が暮れる前にゴールできた~!!やったー!!今は山小屋として使われている民家跡では、山頂付近で挨拶を交わしたグループが晩御飯の準備をされていた。皆さんは冶田峠を越え銚子岳まで行かれたんだとか。私たちのペースって…。

Fujiwara13

とにもかくにも、16:30ゴール。初めて自分達で地図をたよりに歩いてみたが、いや~、大変良い勉強になった。今後の課題山積みですが、研究してまたチャレンジしてみたい。いつかしっかり地図を読めるようになるぞ~。

|

« 高島トレイル(三国峠~おにゅう峠) | トップページ

コメント


ちょっと聞いてよ~。
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://117ucc3.x.ex-summer.net/

投稿: ちょっと聞いてよ~ | 2011年8月27日 (土) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/25106500

この記事へのトラックバック一覧です: 茨川~藤原岳 迷い尾根から大いに迷う:

« 高島トレイル(三国峠~おにゅう峠) | トップページ