« 渋川リベンジ | トップページ | ボルダリング部秋の遠足 »

2008年9月20日 (土)

宇賀渓・蛇谷~竜ヶ岳

Jadani2_2indyさんと宇賀渓の蛇谷へ。

石グレ峠が通行止めのため、亀山経由の大回りで現地へ。途中なぜか滋賀県内と三重に入ってからも迷い集合時間に遅れる。R306は国道のわりにクネクネ分かりにくい道だった。

9月のゲリラ豪雨の影響は大きく、沢に降りるまでも、林道がガレ岩で埋まっていたり、登山道も一部崩れていたり…。歩くのに注意が必要だ。結局入渓は9時半に。

蛇谷出合の滝の落ち口が大きく崩落していた(写真1枚目)。※最初この滝を燕滝と記述しましたが、燕滝はこの左側、本流にある滝でした。訂正します。豪雨の凄まじさが伺える。

Jadani0

五階滝のこれは最上階だったかな?蛇谷は5~10m級の滝が連続して出てくる。しかもほぼ直登できる滝でとっても楽しい。

Jadani1

暗い谷だと想像していたが、豪雨で洗い流されたのか白い岩肌が美しく全体に明るい印象。蛇谷ええとこや~♪。

Jadani

今回はリードもさせてもらった。カムで支点を取りながら登る。緊張したけどカムって便利やなぁ。ちょっと欲しくなった。でもその前に腕を上げなくては…。

Jadani4

この滝は滝芯を行く。スベスベした岩肌が手強い。indyさんは何度もずり落ちそうになりながらこの体勢で2分間粘った上クリア。スゴイ。思わず拍手!

Jadani7

同じ滝。正面突破は無理だし、巻くのはもっと怖いので、私は左側から直登。そりゃ~もう結構なシャワークライミングでヘトヘト。

Jadani5

さっきの滝で消耗しすぎた私はindyさんが直登してるスキにズルしてこっそり巻いた。今回唯一エスケープしたポイント。

Jadani6

ええ~!?この丸太も上から流されてきたの!?

Jadani8

なんか今にも丸太が動きそうで怖い~。と思ったが、案外安定していた。

Jadani9

その後、今まで岩が白くて明るい渓相だったのが、全体的に黒い岩に変わる。ここからは快適に直登できる小滝の連続。しかし、登っても登っても滝滝滝…。もうお腹いっぱい~。この黒い区間なくてもいいぐらいや~。さすがに疲れが見え始る。

Jadani3

あたりが笹薮になってくると、やぶこぎで竜ヶ岳山頂を目指す。ここまでの消耗具合と時刻から、そのままホタガ谷を降りる案が出たが、その谷はヒル地獄だとか…。疲れもピークを越え、既に思考能力が停止していたので、結局そのまま山頂を目指す。沢登りから山頂を目指すのは初めてで感慨深い。15:15山頂に到着。

Jadani10

山頂からは中道を下山。この中道も結構距離があってハードだ。まぁ、あれだけの高さの滝を山ほど登ったんだから下りも長いよね~。いつも沢靴のまま下山するがこの距離だったらトレッキングシューズの方がよかったかも。登山道もところどころ寸断されているが通るのには問題ないレベル。とにかく日没と競争するように下山を急ぐ。駐車場到着は18:00。すでに薄暗く、着替えてる間にすっかり真っ暗に。危なかった…。

蛇谷は直登できる滝が次々に出てきて楽しさ&登りごたえ満点!!今までで一番登ったかも。結構ハードだったが大満足!!次回は石グレ峠に車を置いて、そこをゴールとしよう。うん、そうしよう。絶対そうしよう。

|

« 渋川リベンジ | トップページ | ボルダリング部秋の遠足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/23983706

この記事へのトラックバック一覧です: 宇賀渓・蛇谷~竜ヶ岳:

« 渋川リベンジ | トップページ | ボルダリング部秋の遠足 »