« ボルダリング復帰 | トップページ | 前鬼川ふたたび »

2008年8月17日 (日)

赤坂谷→ツメカリ谷で初体験

Akasaka2今年も来ました赤坂谷→ツメカリ谷周遊。

囲炉裏の亀さんに声を掛けていただき、お気に入りの周遊コースへ。今回は愛知からバリバリのクライマーご夫婦も参加され、4名での遡行。まずは本流を仙香谷出合いまでテクテク歩く。

仙香谷で二人連れの方と出会う。こちらは手作りのわらじを履いておられた。同じくわらじのKご夫妻とわらじ談義に花が咲く。その後、このお二方ともご一緒することになり、総勢6名のワイワイ遡行に。

Akasaka1_2

水量が少ないので、いつもはできない直登にトライ!!

Akasaka4

沢は始めたばかり、泳ぐなんてとても…とおっしゃっていた割に、滝を見ると猛然と泳ぎだすKご夫妻。さすがはクライマー。

Akasaka5

私以外は皆さんクライミング上級者!!そんなところにトラバース課題が!

Akasaka6

期待していた赤坂谷のナメも水量が少なく乾いた感じが残念。

Akasaka3

赤坂からツメカリへの尾根越え。仙香谷で出会ったお二方に、直接ツメカリ谷のすだれ状滝へダイレクトに出るコースを案内していただいた!!赤坂→ツメカリは結構なロングコースで、去年は裏見の滝の少し下流に出てそこからすだれ状滝に下降した時点でヨレてたが、その距離を丸々ショートカットできるなんて…。嬉しいじゃないですか!!前回、お岩さん事件で懲りたので防虫ネットをかぶる私…。こうして見るとかなり間抜けだ。

Tumekari1

ツメカリ谷に出たところで、ランチタイム。手袋を外すと…wobblyヒルちゃんが~!!手首にヒルちゃんが付いてる~!!!沢登り3年目にしてとうとう初体験。流血もそれほどひどくなかったので安心していたら、1週間後にものすご~く痒くなった。ブヨに引き続きヒルもあなどれない。

Akasaka7

本流S字廊下には大勢のツアー客が。私達も泳ぎまくり、飛込みまくり!!ツメカリ下降が短かったので、余力が残っていて思う存分楽しむことができた。

今回は偶然の出会い、レベルの高い愉快なメンバーでの遡行で、今まで知らなかったルートやクライミングスポットを発見して、これからますます沢での楽しみが増えた。本当に良い1日だった。声を掛けてくださった亀さん、ご一緒していただいた皆さんありがとうございました!!

|

« ボルダリング復帰 | トップページ | 前鬼川ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/23084812

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂谷→ツメカリ谷で初体験:

« ボルダリング復帰 | トップページ | 前鬼川ふたたび »