« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

下谷尻谷~お金明神で変身!

Simotanjiri0_2下谷尻谷~お金明神~本流コースへ。

カヤック仲間のお誘いで神崎川の支流へ。今日のメンバーは総勢5名。今年に入りクライミング道具一式揃えたしんちゃんの沢始めとなった。下谷尻は去年から行ってみたかった谷。瀬戸峠から神崎川へ降り、本流を下谷尻谷出合いまで遡行。今までこんなにたくさんの人見たことないよ~、というぐらいの人が本流に入渓していた。しかし下谷尻に入るのは私達だけ。いきなりのチョークストーン滝はパスして、少し下流のガレ場から上がる。せっかくなので滝上部に降りる際には懸垂下降の練習も。

Simotanjiri1

いい景色~。

Simotanjiri2

流れの上に大きな岩が重なりトンネル状になっている。ここはくぐって突破。

Simotanjiri3

コリカキ場から尾根越えでお金明神を目指す。この辺りで急に空模様があやしくなり、ゴロゴロと空が鳴っている。どうか本降り・雷がきませんように。お金峠を越え、お金明神でお参り。あとは本流目指して登山道をひた下る。それにしてもこの尾根越えルートは異常に虫が多いぞー!!私たちにまとわりつきながら虫も一緒に山中を移動。ええ~いい、うっとおしい~。

Simotanjiri5_3 

やっと本流に出た~!!と同時に水に飛び込む。はやく虫たちから解放されたい~!!ちょうど大瀞とヒロ沢の中間に出たようだ。ひと泳ぎした後にその場で休憩。顔は何箇所も刺されて赤くなっている。私が一番刺されているようだ。このときは後であんなことになろうとは思ってもみなかった…。

Simotanjiri4

ヒロ沢出合をさらに下流へ。七丈淵のスライダー滝では何度もくり返し滑る。楽しいです。

Simotanjiri6

あとは天狗滝を飛び越え本流を下る下る。泳いでいる最中に左眼のまぶた近くにチクッと痛みが走る。指で触ってみると羽アリのような虫がとれた。またブヨに刺された!!しかもさっきと同じ個所!目からフェロモンでも出てるのか?それにしても左眼と右耳のかゆいことかゆいこと。まぶたがどんどん腫れてきて、徐々に視界が狭まってくる。ツメカリ谷出合下流から林道へ上がる。

スタート9:00~ゴール18:15。長時間の遡行でハードな1日だった。しかし、もっともキツかったのは原形をとどめていない私の顔面…。翌日にはすっかり左眼がふさがって、お岩さん&耳がでっかくなっちゃったー(マギー審司風)状態。翌日から3日間は眼帯をして出勤しましたとさ。ブヨは本当に恐ろしい…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

八池谷リベンジ

Yatuike念願だった囲炉裏の「初心者のための沢登り教室」に参加した。

集合は前夜JR北小松駅前。その日は北小松周辺で前夜泊。地元の沢なので、当日朝直行してもよいのだけど、遠出しない私にとって囲炉裏の人たちとお酒を飲んで盛り上がるなんて滅多にないチャンス。ここは心ゆくまで楽しんでしまえ~。

翌朝5時に朝だよコールがかかって起こされた。うう~ん、寝苦しい夜でした。朝食を取って青少年ガリバー旅行村へGO!今日のメンバーは総勢12名、内初心者6名(私含む)。まったく沢が初めてという人は1人だ。出発からワイワイと楽しい遡行になりそう。

Yatuike1

実は去年、初めて囲炉裏の方とご一緒させてもらったのがこの八池谷。あのときは緊張と恐怖のあまり顔面蒼白、空腹を感じずにエネルギー摂取を忘れるというアホなミスをして、後半バテバテのフラフラでなんとかゴールしたという因縁の沢。今日はなんとしてもリベンジを果たしたい!がんばるぞ!と密かに闘志を燃やす。

Yatuike2_2

前半の魚止の滝~大揩鉢までが、6-8m級の滝が続く核心部。去年は滝を見ると、「こんな高いとこを登るの?」と顔を引きつらせたものだが、あれから1年。今、余裕で滝を見上げることができる。フリクションをきかせることができず一人ズリ落ちていたスラブな壁も、なんでこんなとこズリ落ちてたんやろ?…という感じ。足の使い方ができてなかったのよね~。やはり経験を積むというのは大きいなぁ。

Yatuike3

大揩鉢に到着。皆で記念撮影後、プールに飛び込む↓。気持ちいい~!!

Yatuike4

大揩鉢から上はロープを出してもらう個所もほぼなく、スリングなどで補助してもらう程度。ちょっと気が楽に。でもまだまだ登るのです。油断は禁物

Yatuike5

ずんずん登っていると、谷が平坦になりゴールが近づく。広谷ゴールと同時に「リベンジおめでとう」と声をかけていただく。ありがとうございました。ヘタレを返上できたことがなによりも嬉しいです!!あとは登山道を快適に下るだけ~♪。快適に下る…快適に……あ、あづい~!!アヅすぎる~(大汗)。泳ぎに威力を発揮する私の撥水&保温に重点をおいたウェア。これが堪らんキツイー!み、水はどこじゃ、水はまだか…。大揩鉢に到着すると即行で水に飛び込む。あ~、危なく干上がるとこやった。今後、真夏の登山道歩きはせめて着替えを用意しよう。

今回は大勢の仲間と楽しく無事に遡行することができ、この1年の成長も実感できた沢登りとなった。沢教室は残念ながら今回が最終回とのこと。お世話してくださった皆様、同行してくださった皆様、本当にありがとうございました。次回お会いするときは、さらに成長した姿を見せられるようがんばります!!

このブログはあくまで自分本位のレポートですが、囲炉裏メンバーの方が作成した詳しいレポートもご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

元越谷でリハビリ

Motokosi_2囲炉裏の仲間+カヤック仲間と元越谷へ。

先週の大雨で延期になった沢登り。当初8人の予定だったが都合が合わなくて集まったのは4人。全員が今年の初沢ということと、私も捻挫で痛めた足が完治していないので、様子を見ながらある程度で遡行を打ち切りピストンする予定で出発。

堰堤の高巻きで怖い個所があった。体にタスキ掛けしているスリングを使おうと思ったが、ハッ!!その上からザック背負ってるから抜けない…。ん?確かザックを背負っててもスルッと抜ける掛け方があったような…。そうそう、カラビナを使ってタスキ掛けするんやった。どうりで今年はカラビナ1本余ってると思ったぁ~。なんか毎年イチからのスタートになるのか!?歳?…gawk(怖ッ)。

Motokosi2_3さて、一番の見所、元越大滝に到着!!15m滝は相変わらず迫力満点!! 2年前は何も考えずに滝の落ち口を直登したけど、色々知ってしまった今は(何を?)とてもそんな気になれない…。あの頃は若かった…(実際はそれほどでもない)。

というわけでガレ場から巻くことに。滝上に上がる最後の個所がちょっと怖め。ここでヒヤリとする出来事があったが皆無事に通過することが出来た。本当に良かった。大滝を越えるとそれほど怖いとこはなくなる。美しい釜の連続。全体に明るい渓相で遡行していても本当に楽しい。

 

Motokosi3_2大滝を越えて最初の二股で遡行を打ち切ろうかと思っていたが、時間的に余裕があるのと大滝のヒヤリ個所を下降していくことを考えると、そのまま尾根まで上がって林道で帰ってくる方が無難じゃないか?との結論に至り、ランチ終了後さらに遡行を続けることになった。

Motokosi4が、その後まっすぐ遡行すれば良いものを、うっかり仏谷に入ってしまい、大周回することになってしまった。だってそっちの滝の方が本沢っぽかったんだも~ん。山の中ってほんの一筋谷が違うだけで結構方角変わってしまうんですね。反省。しかも私は2年前に一度遡行したのに…。連れてきてもらった、という姿勢が道を覚えていない原因かも。今後は肝に銘じよう。

結果的には新しい谷の様子も見れたし、時間的にもちゃんとゴールできたので、今回はよしとしましょ。尾根歩きが長くなってしまったが、それでも赤坂谷→ツメカリ谷周回コースよりは楽だったというのが皆の意見。足の方はまだキツかったので来週はお休みだぁ。

2年前もそうだけど、元越ではいつも考えさせられることが多い。 今回もよい勉強になりました。また修行に来ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »