« CRUX京都ふたたび | トップページ | 元越谷でリハビリ »

2008年5月17日 (土)

夜叉ヶ池・三周岳

Yasyagaike囲炉裏の仲間と夜叉ヶ池~三周岳へ。

今年の花粉はすごかった…。あまりの激しさに3月以降のお誘いはすべてキャンセルし、3ヶ月ぶりの花粉症復帰第1弾登山となった(あっ、スキーは除く)。

登山口で前泊する予定だったが、なんと林道は車止めがあり入れない。しかたなくその場で前泊し、翌朝登山口まで5km、1時間の道のりを歩くことになった。

登山道はよく整備されており、夜叉が池まであと1.5kmというカウントダウン案内板も。新緑の中ウキウキと歩く。そこかしこにいろんな花が咲いていて楽しくなってくる。

Yasyagaike2夜叉が池ではこの池にしか生息していない天然記念物の夜叉ゲンゴロウを観察。池の前でランチ後、三周ヶ岳へ向かう。三周岳への分岐には「三国岳(ヤブひどい)⇔三周岳(ヤブ)」という道標が…。( )内はマジックで書き足してある。どっちもヤブやん(笑)。三周岳までの道のりを辿ってみて、なるほど道標に(ヤブ)と書いた人の気持ちが良く分かった(ヤブひどい)の方はとてつもなく大ヤブに違いない。

三周岳からは元来た道を登山口へ戻る。久々の登山で疲れたのか何度も転んだ。歩くのヘタクソなんだろうか?そして登山口まで500mの標識を過ぎた辺りで、痛恨の大転倒!!イッッッッター!!捻挫したー(涙)!!この痛さ、過去の経験から間違いなく全治3ヶ月。やっと花粉症が終わったと思ったのに…、沢登りの季節が迫ってるのに…。いろんな思いが駆け巡る。仲間には「気ぃ抜きすぎや」と言われ、まったく返す言葉がない。スイマセン。

まあ、あと少しで下山完了でよかった…って、よく考えたら今朝登山口まで5km歩いたや~んsad。登山口のドラム缶にさしてあった杖用の太い枝を両手に2本。車まで地獄の林道歩きが待っていた。痛さと辛さで途中からすっかり無口になる私。帰りの車中では林道歩きが響いて爆睡…。皆さん、ほんまスイマセン。

今回は私の不注意で同行の仲間に迷惑を掛けてしまって反省。これからはコケない山歩きを目指して精進したいと思います。

|

« CRUX京都ふたたび | トップページ | 元越谷でリハビリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/21699775

この記事へのトラックバック一覧です: 夜叉ヶ池・三周岳:

« CRUX京都ふたたび | トップページ | 元越谷でリハビリ »