« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

氷ノ山でバックカントリーデビュー

Hyounosenテレマークスキーで氷ノ山へ登った。

ゲレンデスキーと懇親会のみ参加するつもりだったが、前日に滑りを見て大丈夫そうならツアーに参加しませんか?初心者のチームも作りますから。と言っていただき、念のためシールやザックを準備しておいた。そして前日お許しが出たのでこの日がめでたくバックカントリーデビューとなった。バックカントリーは来シーズン、と思っていたが、まさかこんなに早くデビューできるなんて…happy01

Hyounosen2 当日は朝から雨。50人のテレマーカーがレベル別にチーム分けされ、わかさ氷ノ山スキー場のリフト終点からスキーを担いで稜線まで上がる。上の方では雪に変わっていた。テレマークブーツで急斜面を登るのはなかなか怖い。その後スキーを下ろして、滑走面にシールを貼る。初めてのシール登行。想像以上にしっかりグリップして登っていける。面白い。シールをつけたまま滑る場面もありドキドキ。登りではゼーゼーハーハーと遅れがちになる。し、しんどいぞ…。山頂の非難小屋に到着。さきに到着した人たちで満杯だったがそこで昼食をとった。

Hyounosen3 昼食後はチームのレベル別にコースが分かれる。さて、Aチームは元来たコースを戻る予定になっていたが、スタート前のミーティングでなぜかなぜか中上級者も滑るというわさび谷を降りることになった。わ、私初めてなので自信がないんですが…。と申告するとMリーダーから「横滑りはできますか?」との質問。横滑りは…できます。「では行きましょう」。ヒ~(ToT)。昨日に引き続きこちらもスパルタだった。

山頂~わさび谷までは緩やかな斜面と登り返しで、荷物を背負っていてもそれなりに楽しく滑べれるんだな~という感想。しかし、わさび谷のことはココには書きますまい…。スキー場に到着する頃にはもう一歩も動けません、というぐらいバテバテになっていた。

無事に降りてこれたのも、初心者の私に付き添ってくれた方や励ましてくれた方々がいたおかげ。本当にありがとうございました。テレマークスキーを始めたばかりの私にはチョッピリ辛口のデビューだったが、これからどんどんバックカントリーに出て楽しみたいな!ここがスタートだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

テレマーカーの集い

わかさ氷ノ山スキー場へ。

なんとなくテレマークターンっぽい事ができるようになってくると、少しでも滑る機会を増やしたいトコロ。そんな折ゲレンデスキーとテレマーカー親睦会&氷ノ山ツアーに誘っていただいた。ツアーは技術的に無理だと思うけど、2日目もスキー場で滑ればいいし~、と気軽に参加した。

初日はフリー滑走。今日はプロの先生が来られているのでレッスンは無理ですがワンポイントアドバイスぐらいならもらえますよ、とのこと。それはありがたい!!しばらく緩斜面で足慣らししてからU先生にお願いすると気軽に応じて下さった。最近やっとテレマークターンができるようになったんです。と滑りを見せると「ううう~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん・・・、どぉしよっかな~~~~~、う~ん・・・」と、かなりお悩みの様子。せ、先生…私ダメでしょうか…。先生は5分ほど悩んだ末に「スパルタですがいいですか?」と一言。ヒエ~、よ、よろしくお願いしまーす!!

やはり私の滑りはワンポイントではどうにもならない!!とプロの目は素早く見抜かれたようです。それからマンツーマンでみっちりレッスンしていただき、結果!今までどうしてもできなかったことができるように(号泣)!!!それと初めてスキーの先が谷方向を向いてくれました(感激)!!

今までテレマークポジションからどうしても立ち上がれず、勢いをつけてヨッコイショと足を入れ替えるのですごくバランスが悪かったが、それがちゃんと立ち上がれるように(嬉)。ポイントは『後ろ足でゆっくり立ち上がる』。後ろ足がまったく踏めていなかったのが、このポイントを意識することで上手く過重することができた(ハズ)。

それと『エッジを解放する』感覚がやっとわかりました。エッジの切り替えは足の裏の小指から親指方向へ重心を移動させる。踏めていない後ろ足だけ意識すればOK。重心が小指と親指の真中にきた時が解放された状態だ。エッジを解放するとスキーは自然に下を向く。今までずっとエッジを効かせたまま斜滑降し、立ち上がることもできず無理やり気合で曲がっていたが、エッジを解放したらこんなに楽に曲がれるんですね!!も~、神様仏様U先生!です。ありがとうございましたー!

目も当てられないヘタクソがちょっとヘタクソに昇格したぐらいだが、私にしたら大進歩!!これからもがんばるぞ!その夜テレマーカー50人集結の懇親会もご機嫌で過ごしたのであった(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

黄色テープ卒業

すっかりko-wallがお気に入りの部員8号とボルダリングへ。

クライミング歴3年の部員7号に色々教えてもらいながら楽しく登った。この日は夕方近くに部長もやってきて、またまたワイワイ賑やかに。今日はしょっぱなにトライするところは決めていました。フラッキング課題とかぶった黄スラ課題。いつも最後のゴールホールドが掴めず落下していたが、気合でゲット!やった~、これで黄色テープ終了~。やっと初心者→初級者課題に移行!!早速ルーフを通るピンク▲もクリアして気分上々の一日だった。

少しずつレベルアップするのって楽しいな♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

徒歩20分

ボルダリングをやってみたい、という友達とko-wallへ。

友達とは久々の再会で、帰りにbeer行こうと(こっちがメイン)初めて草津駅から歩いてみた。約20分強かかったがそんなに遠いとは感じなかった。今後も飲みに行くときはこうしよう。うん、そうしよう♪。

というわけでパワーのある内に前回できなかった白テープトラバース往復!!あたらしくできていた黄トラバ片道もクリア。あとは友達にアドバイスしつつ適当に登る。友達はかなり楽しかったらしく、次々と白テープをクリア。勢いあまってゴールホールドで懸垂するほどだ…(後で知らんし~bleah)。案の定、垂壁エリアの白テープが終わった頃に腕も終わりを告げていた。最初やしね~。私も初めてのときは30分で腕終了したし。本人はいいキッカケになったとかで地元でボルダリングを始めたいとのこと。次回会うときまでに抜かされないよう私もがんばらなくちゃ!。

それにしてもボルダリングの後のbeerは最高でしたhappy02。また歩こうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

テレ練 in ハチ北

Hachikitaテレレースに出る仲間に同乗させてもらい、ハチ北高原スキー場へ。

ニセコでの連続ターンは夢か錯覚か?確認のためにも今シーズンはまだ滑らなければならないのです。滑り出しはやっぱり錯覚か?と思ったものの、なんとな~く持ち直す。しかし、後ろ足が踏めてない感じがして、どうしても後傾になりがち。今回は仲間のアドバイスもあり前足への過重を気にしながら滑ってみた。

午後は仲間の滑りを観戦しつつ、何度か一人で滑ってみる。今日はさすがに暖かく、午後から一気にゲレンデコンディションは悪化。でもいろんな状況で滑れるようにならなければ!。ベチャ雪で顔ゴケすると(どんなコケ方や)鼻の穴に雪が詰まるというのも発見。はずかしかった。

デジカメで撮って貰ったムービーを見ると、自分のイメージとはかけ離れた姿勢で滑っているのが良く分かる。まだまだやな~。次回はもっと前傾になるよう意識してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

わいわい

Norikomi京都の友達を誘ってko-wallへ

よく考えたら部長とも久しぶり!!今日はワイワイ楽しく登ろう!が合言葉。個人的な成果は、前回スタミナ切れで出来なかったルーフ出口にあるピンクTが一発で登れたこと。それと黄スラ足限定がきちんと登れて本物やと確認できたこと。かな。あとは皆でドヤコヤ言いながら色々登った。

白テープのトラバース課題が新たに設定されていたのでトライ。クリアできたけど「ゴールできたらそのまま折り返してね」とお店の人に言われ、続けて反対方向へ。あ、あかん、全然ダメ~。トラバースって息が切れる…。次回は必ず往復クリアするぞ~!

友達もko-wallの雰囲気を気に入ってくれたようで、さっそく部員8号で入部。また皆でワイワイ登ろうね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

落ちすぎ~!

京都の友達と余呉湖へワカサギ釣りへ行く予定がキャンセルになり、急遽京都CRUXへ行き先を変更!

16時半から登り始め、閉店の20時まで女性3人でワイワイキャーキャー(かなりうるさかったかも、ごめんなさい)楽しく壁に取り付いた。私は後半、ホールドを持つ手が剥がれて何度も落ちてしまった。絶対落ちないがポリシーなのに~(落ちそうなとこは登らないがポリシーだったりして…)。よく考えたら2時間を越えてのクライミングは初めて。腕が力尽きたようだ。しかししかし、一番易しい青テープは教えてもらいながらもほぼクリア。亀の歩みなりにko-wallで登っている成果が出て嬉しかった。

次行ったらピンクにチャレンジだ!!(ko-wallでもね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »