« 三上山北尾根縦走 | トップページ | ちょっと寄り道 »

2007年12月 1日 (土)

湖南アルプスハイキング

Konanalps0囲炉裏の仲間と湖南アルプスへ。

前回の雨乞岳登山後、またご一緒させてくださいとお願いしていたところ、湖南アルプスはいかが?とのお話をいただいた。一応地元なのでコースなどを調べて提案。湖南アルプスハイキングが実現することに。落ちが滝・(鶏冠山)・天狗岩・(竜王山)・狛坂磨崖仏・逆さ観音・オランダ堰堤を巡るコース。一番の見所は天狗岩あたりの奇岩群。ネットで調べていても見晴らしも良く面白い景色のようだ。

KonanalpsJR草津駅に朝9時集合。3台の車に分乗して上桐生の駐車場を目指す。マイジムニーの定員は2名なので、今日は家の車を借りてきた。駐車場に着くと11月30日まで駐車料500円とのこと。今日は12月1日、今日から無料~!!思わず車内でバンザイしてしまった。今日のメンバーは総勢11名。リーダーは湖南アルプスを何度も登ったことのある方。先頭を歩くのも経験のある方というわけで、私はのほほんと皆さんについて歩かせてもらった。

Konanalps2 実は当初私が提案したコースの中に鶏冠山と竜王山は入っていなかった。参考にしたコースタイムもHPによってバラバラで、朝早く出発し丸一日がかりのものからすごくタイトな時間でゴールしているものまで。山の経験がほとんどないのでどう判断してよいか分からず、時間があったら登ってもいいですね~、という感じで後は皆さんにお任せしようと思っていた。しかし行きの車中から「今日は鶏冠山登るんかな?」「登らへんわけないやろ~」という会話。で、ですよね~(汗)。ここでどうやら自分の感覚がズレていることに気付いた。そういえば去年始めた沢登りでもピークを目指したことがない。沢を遡行すること自体が目的だからだ。今年始めた山も、今は自然の中を歩いているだけで目に入ってくる全てが新鮮で楽しく、素敵な景色を見るだけで満足しているように思う。来年は沢登り→山頂に立つというのもいいかも。

Konanalps3_2というわけで落ちが滝・鶏冠山を経由し天狗岩へ。(ココまでの写真はすべて天狗岩周辺)。 こんな景色が地元でこの標高で見れるなんて~。巨大な岩がゴロゴロした風景はなんだか心の奥底がワクワクする感じ。なんでしょうこのなぜか嬉しい感覚。天狗岩のてっぺんにも簡単に登ることができるが狭いので落っこちないよう注意が必要。子どもなんか喜ぶやろな~(大人も喜んでますが)。今度甥っこ連れて来ようかな~。まだ危ないか…。

Konanalps4天狗岩を過ぎ白石峰分岐で昼食。今日も皆のためにデカフライパンを担ぎ上げてくださった料理担当のリーダーが腕を振るってくださった。私は今回生まれて初めてフカヒレを食べて感激。もちろん他の料理もおいしかった。山の上で幸せすぎる~。昼休憩をたっぷり1時間とったあとは竜王山→白石峰分岐→狛坂磨崖仏→オランダ堰堤と順調に歩を進め、16時駐車場ゴール。気が付けば逆さ観音をスルーしていたようだが、また必ず来るから次回のお楽しみ♪。

ハイキング気分で出かけた湖南アルプスだが結構しっかり歩いた1日だった。天気も良く汗もたっぷりかき、最後は南草津の極楽湯でサッパリ。今日はおいしいごはんと楽しい1日をありがとうございました。またご一緒させてくださいね。

|

« 三上山北尾根縦走 | トップページ | ちょっと寄り道 »

コメント

今晩は!ご無沙汰しております!湖南アルプスでご一緒した囲炉裏の高埜(たかちゃん)です。
このHPを見つけたので懐かしくなりメールしました。楽しく読ませていただきました。同じ囲炉裏仲間でも少し遠いのでなかなかご一緒出来ませんが、滋賀県は懐かしく・・・瀬田と坂本にも暫く住んだ経験もあり(比良はホームグランドでした)、京都が出身地ですので・・・!!又、機会があれば宜しく。夏は沢にも・・・!ではお休みなさい(この時間では、もうお休みでしたネ?)

投稿: たかちゃん | 2007年12月11日 (火) 01時40分

>たかちゃんさん、
コメントありがとうございます。
私もなかなか遠出しないので、囲炉裏の企画に参加することはほとんどなかったのですが、今回大勢の方とご一緒できて楽しかったです。
こちら方面の企画を増やさなくては!と思っています。
また山でお会いしましょうね!!

投稿: しほっち | 2007年12月11日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/9229707

この記事へのトラックバック一覧です: 湖南アルプスハイキング:

« 三上山北尾根縦走 | トップページ | ちょっと寄り道 »