« 最終営業日 | トップページ | 比良人工壁にて »

2007年11月 4日 (日)

紅葉の雨乞岳

Amagoi1 囲炉裏の仲間と鈴鹿・雨乞岳へ。

今年から山に登る!!と宣言してから3回目の登山。しかも囲炉裏の方との山登りは初めて。今日のコースは、武平峠→郡界尾根→三人山→東雨乞岳→雨乞岳→清水の頭→雨乞岳→東雨乞岳→七人山→クラ谷→武平峠。がんばらねば!朝7時、武平峠の県境トンネル駐車場に集合。簡単に自己紹介し、12人で出発した。

鎌ヶ岳がカッコイイね~という声が。なるほどあれが鎌かぁ~。今日の天気は快晴。東雨乞岳の山頂は360度パノラマが広がる。素晴らしい眺めだ。鈴鹿の山々を見渡せ遠くに伊吹山まで!!感動~。東側の平野部には三上山かなぁ~、という山も見えた(ちょっと自信がないがあのカタチはそうだろう)。

Amagoi2東雨乞からは尾根歩きで雨乞岳→清水の頭を目指す。尾根は熊笹に覆われて背丈を越える場所も。なんだか巨大迷路に迷い込んだみたいで楽しかった。稜線の紅葉がとても美しく、景色を見ているだけで幸せな気分。でも写真の腕がイマイチで紅葉のよい写真がありません(涙)。雨乞岳から先は歩いている人もまばら。清水の頭近くでランチをとったが誰もいない稜線は静かでよかった~。手早く次々に出される料理もおいしい。思わずゴロンとお昼寝。気持ちいいよ、幸せ~。ランチ後は東雨乞まできた道を戻る。

Amagoi4東雨乞岳から七人山へはしばらく急な下りが続き、クラ谷との分岐から登りになる。七人山の頂はすぐだし帰りはクラ谷を通るので、ザックは置いていけばいいやん、ということになった。私は迷わず身軽になって七人山の黄葉の森を進む。特にどこが道というわけでもないので、皆自由に上を目指した。なんか信州あたりにいるような雰囲気。う~ん、素敵な風景。頂上でしばらく森の雰囲気を味わってさあ下山。話をしながらひたすら下っていると見覚えのない場所に出た。ん??こんなとこあったっけ?ザックもない。なんと、先頭きって歩いていた私が方向を誤ってましたようだ。登りは頂上1点を目指せばいいけど、下りでは360度どの方向にも行けるのね。人はこうやって山の中で道を誤ってしまうんですね。いい勉強になりました(アホです)。

分岐へ戻り、そこからクラ谷沿いの道を歩いていよいよ下山。沢沿いの道も今までと趣が変わっていい感じ。今日のコース設定はとても素晴らしいなぁ~。あとは武平峠までの下りと思っていたが、登ったり下ったりでなかなかハードだった。ゴールにたどり着く前にすでに筋肉痛が!!15時半、武平峠に到着。下山後は鈴鹿スカイラインをそのまま三重側へ降りて、湯ノ山温泉で疲れた筋肉をほぐした。

今日は天気も紅葉も眺望も最高で、これが私の思い描いていた山登り!と大満足の1日でした。これからは山も積極的に歩きたいなぁ。

|

« 最終営業日 | トップページ | 比良人工壁にて »

コメント

楽しい1日でしたねぇ。
またご一緒しましょう。

投稿: りょう | 2007年11月28日 (水) 06時21分

りょうさん、コメントありがとうございます!
本当に楽しかったです。
今後も積極的に山に行きたいです。
また、ご一緒できるのを楽しみにしています。

投稿: しほっち | 2007年11月28日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/8765192

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の雨乞岳:

« 最終営業日 | トップページ | 比良人工壁にて »