« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

三上山北尾根縦走

Mikamiyamajuso三上山を起点に田中山→旗振山まで北尾根を縦走した。

今日は小春日和という天気予報。ならば午後から三上山に登りそのまま尾根伝いに縦走しちゃえ~と、初めてソロで山へ出かけた。11時半スタートで表登山道を登る。お盆に甥っ子たちを連れて来たときは2歳児がいたおかげで超スローペースの楽々登山だった。が、今日はやたらしんどい…。昨日の茶屋川とボルダリングのせいかな?まぁ、1人やしゆっくり行こう。

山頂に到着すると珍しく賑やかだった。ちょっと騒々しいグループもあったので、とりあえず人の多いところを避けて奥の一番高い場所でお昼にする。ところで、私が子どもの頃、三上山の標高は428mで4×2=8(しにがはち)と教えられた。でも今は標高432mの山となっている。三上山も背が伸びたかな?食後、山の裏側、花緑公園方向へ降りる。だいぶ降りてこのままだと花緑公園へ着いてしまう、と不安になった頃に、北尾根縦走路との分岐に出た。ここからは未体験ゾーンだ。

Mikamiyamajuso2北尾根というだけあって日が当たらないのかシダがおい茂っていて不思議な感じ。同じ山でも全然様子が違って面白い。しばらくすると突然日が照った。というか三上山の影から出たようだ。ここからの尾根歩きは暑かった~。そして砂地の下りの怖いこと!ところどころロープがはってあるのでそれを使う。延々と続く尾根歩き。誰とも出会わない。妙光寺山との分岐はそのままスルーして田中山を目指す。田中山、旗振山といえば野洲中学校の裏山だ。中学校から山越えで希望ヶ丘文化公園に行けるルートがあり、今はすっかり舗装された道路になっている(車は通れない)。尾根からその道路に出て少し中学校側に降りると、田中山の登山口だ。

Mikamiyamajuso3ゲッ。最後がこんなことになっているとは…。道路で分断された尾根。踏み跡がすとんと落ちている。崖やん…。ロープがはってあったのでそれを頼りにソロソロと道路まで降りていると、ちょうど希望ヶ丘側から登ってきたおじさんと目が合った。「な、何をしているんですか…?」とおじさん。ヒエ~、こんなとこで1人あまり人に見られたくない姿やったのに~(涙)。でもおじさんだって登山の格好。きっと話せば分かってくれるだろう。「三上山から縦走してきました」というと、「私たちも三上山に登ってたんです」と合点がいったよう。え?私たち?

次から次から現れるおじさんたち。とうとう10人ほどにグルリと取り囲まれてしまった。アッ!この人たち山頂ですごい大声で話てはったグループや!「私たちが断念したコースを歩いて来たんか」「いや~若いっていいね」。いや、もう若くないです…。「わしらみたいな老人会ではアカンな~」「あんた1人で山なんて危ないよ。昔○×山で…」「○○さんが話すとすぐ難しい話になるから~」「地元か、そしたら山の子か?え?違う?ほな町の子か?」「君はガイドの資格は持っているかね…」。ひょえ~、皆いっぺんにしゃべっても私聖徳太子違うし~。

じゃ、私は田中山に登るので…。「おお、やっぱり若さやな~」「老人会ではアカンな~」の声を背に、道路を横断しそそくさと登山口へ。きっと帰りのJR車内では、「道路を歩いていたら突然山からロープを伝って下りてきた女の話」で持ちきりだろう…。お願いだからできるだけ小さな声で話してね。

Mikamiyamajuso4 さ、本日お目当ての田中山。数年前に火事になり山肌が露出して岩もゴロゴロ見えていたが、それから草木も生えてきてずいぶん荒れている。登山道もほとんど人が通らないのか、枯れた草で覆われていたり枝が張り出していたりと歩きにくい。気をつけないと足を踏み外しそうな箇所も。結構急な登りだなぁ。しばらくするとおじさんが1人降りてきた。この方も縦走組らしい。「田中山は山頂までは行けるけど、その向こうは崖みたいになってて道なんてないよ。展望もないし」とのこと。ええ~、この道を引き返すのは結構怖いなぁ。引き返すなら今?、と一瞬頭をよぎったが、とりあえず自分の目で確かめてみることに。山頂近くには展望台もあり見晴らし良好だった。三上山も見える。なかなか良い景色。

Mikamiyamajuso5 山頂を過ぎると無事旗振山への縦走路も見つかった。田中山には”かぶと山”という別名の表示が。なんでかぶと山なんやろう?と思っていたが、旗振山から振り返るとなるほど兜に見えるかも?。旗振山の登山道は広くてキチンと整備されている感じがして快適だった。これなら田中山を引き返すよりずっと楽に歩ける。先ほど道を見つけられなかったおじさんが気の毒に思えた。あとは中学校へ降りるだけ~♪。

Mikamiyamajuso6懐かしい中学校の校舎を眺めながら下山。そういえば、同級生が裏山で野ウサギを捕まえていて遅刻し、先生に叱られてたっけ。田中山も旗振山も中学時代は単に裏山と呼んでいた山だ。今回初めてその名を知った旗振山。江戸~明治時代、大阪の米相場を毎日旗を振ってリレー方式で伝えたことが由来だとか。その伝達速度は大阪~広島をわずか40分!。というわけで全国各地に旗振山(相場振山)という山が存在するらしい。面白いなぁ。

今回目的があって向った田中山だが、到着するころにはヘロってて、もうどうでもよくなっていた。ゴールは15時半。地元やし楽勝!とナメていたけど、結構ハードで面白い半日だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

新入部員続々

Newkowall_211/17日に移転オープンしたko-wallへ。

茶屋川を歩いたその足でしんちゃんと新しいko-wallへ向った。今日はべーやんも初ボルダリングをしに合流。到着した頃にはすっかり暗くなっていた。新しいko-wallは駐車場が広々!もちろんジム自体も広いしキレイ。課題の数も多く、かなりバリエーションに富んでいるようだ。部長は早めに来てだいぶまったりモードになっていたようだが、新入部員を前に登り方を披露してくれた。そして3人でかわるがわる一番易しい白テープ課題を登った。「よ~し、B登ります!」「ビー!」「びー!」と訳のわからないテンションで登りまくる。かなり浮いてた気がするが、私たちなりに楽しんでいたのでどうか許してください。

今日は本当に楽しかった。新入部員が5号6号と増えたことだし、また一緒に登りましょう。まずは忘年会か!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉と雪の茶屋川

Tyayagawa2紅葉の茶屋川を歩くはずが…。

最近、登山にも意欲が出てきた私。紅葉の季節に大好きな茶屋川を歩き、そのまま藤原岳に登りたい。と考えるようになった。茨川スタート~紅葉の茶屋川を遡行~西尾根~藤原岳~冶田峠~茨川ゴール。というコースを想定。行くんだったら3連休の1日だなぁと思っていたら!!その前に伊吹山・比良・鈴鹿とぜ~んぶ初冠雪。その他諸事情を考慮して今回は茶屋川を三筋滝までサラッと歩くことにした。藤原岳はまた来年~!

Tyayagawa_2茨川をのんびり11時にスタート。なんと河原には雪が積もっているではないですか!!う~ん、これは濡れたくないな~。沢靴の私は流れの中の岩の上を、登山靴のしんちゃんは浅いところを足早に徒渉する。久々の茶屋川はやっぱり静かでいい雰囲気。紅葉の下を歩くイメージだったがほとんど地面に落ちていた。残念。でも雪の上に踊るもみじも味があっていいなぁ。もみじの他、動物の足跡もところどころ残っていて楽しい。三筋滝でお昼をとって来た道を戻る。後半はもう水に浸かろうがなにしようが…という感じで川を渡った。

Tyayagawa3今日茶屋川で出会ったのは単独行の男性が3人だけ。会う人ごとに「藤原岳ですか?」と聞かれた。今日はこのあたりでテント泊をして明日御池岳に行くという初老の方もいらっしゃった。そういえば去年出会ったのも単独行の人ばかりだった。このコースは静かに歩くのにいいんだろうなぁ。

来年こそはきっと藤原岳に登るぞ!思いをさらに強くして茨川を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

京都紅葉ハイク

Kiyotaki_2保津峡~清滝~高雄を歩いて紅葉狩りに。

スタートは遅めの正午。JR保津峡駅からスタートし、落合橋から清滝川沿いを歩く。川のせせらぎを聞きながら歩くのは気持ちいいなぁ。京都一周トレイルのコースになっているようで、たくさんの人が歩いていた。保津峡~清滝間はところどころ色づいている程度で紅葉を見るにはまだ少し早かったかなぁ?という感じ。それが清滝に着くと一気に紅葉気配。清滝~高雄は歩いている人がほとんどなかった。

Takao高雄には3つの寺があるが何も考えずに神護寺の紅葉をめでる。境内西の地蔵院から谷に向けて素焼きの円盤を投げて厄除けができる。早速2枚100円のかわらけを購入し、投げる!!私のとなりに立ったカップルのお兄さんがナイススロー!はるか下の谷まで弧を描いてキレイに落ちていく。かわらけの落ちていった先を目で追いながら「誰かの頭に当たったりして…」と気になったことをポソッと独り言のようにつぶやいた。すると「悲鳴は聞こえへんから大丈夫」とポソッと答えるお兄さん。たぶん2人にしか聞こえなかったと思うけど、ちょっと面白かった。

寒かったので参道にあるお茶屋さんでぜんざいを食べて、本日の紅葉ハイクは終了。後日聞くと高雄の寺の中では神護寺の紅葉が一番キレイだったとか。の~んびり歩いて満足な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

京都CRUX

京都CRUXでボルダリングをしてきた。

京都駅からスグだし平日の仕事が終わってから行けたらいいなぁ、と以前から考えていた。そこで京都のしんちゃんもボルダリングに引き込んでしまえ~というモクロミ。閉店までの1時間半キャーキャーいいながらスラブっぽい壁中心に登った。しんちゃんも、ボルダリングは楽しい!!と気に入ってくれたよう。これなら仕事帰り一緒に汗をかけそうだ。

体重が減る日も近いかも~♪。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

比良人工壁にて

Hirajinkoheki1比良山岳センターの人工壁で利用講習会を受けた。

ここの人工壁は高さ15mの可動式。数年前までは日本で唯一のものだったとか。利用講習会は毎月第二日曜日。今回の受講者は男性1人、しんちゃんと私の3人。さて講習の内容は、午前中にハーネスの着け方やトップロープをかける支点の取り方、壁の動かし方。午後から実際にクライミングをしながらビレイの方法を教えてもらう。

昼食後、とりあえず登ってみてください。ということで寝かし気味に設定された壁を登ってみた。途中壁が大きくでっぱってる箇所があり戸惑うが、なんとか15m登り切ることができた。このてっぺんからはなんと琵琶湖が一望!!うわぁ~気持ちいい~!素晴らしい眺望だ。しばらく景色に見とれた後、「降りま~す!」と下を見たときにハッと現実に引戻された。今、私のビレイ(確保)をしているのはしんちゃんだ!!初めてビレイの方法を教えてもらいながら実際にビレイをしているのだ。もちろん、ちゃんと講師が万一に備えフォローについているが…。

Hirajinkoheki3ちょっとずつ、ちょっとずつ、ぎこちない感じで降ろされる。う~ドキドキする。あと5mほどで地面というところで、突然ズンッと体が落下。「ぎゃ~!!」と私。しんちゃんも「きゃ~!」。壁に近づこうとしたら勢いがついて止まれなかったらしい。落下距離はたぶん1mぐらい。ギャラリーからは笑い声。も~、寿命が3年縮まったし!!受講者の3人は交代で登ったりビレイしたり。講習は15時で終了だが、その後も登っていいですよ、と言っていただき、日が落ちるまで登らせてもらった。楽しかった!なにより登るたびに景色に感動できる幸せ♪。なんて素敵なロケーションでしょう。

今後施設を利用する場合はロープを自前で用意しなくてはいけないが、体験会に参加すれば道具類はレンタルできるとのこと。季節が許せば月イチぐらい登りに来たいなぁ。この景色を眺めに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

紅葉の雨乞岳

Amagoi1 囲炉裏の仲間と鈴鹿・雨乞岳へ。

今年から山に登る!!と宣言してから3回目の登山。しかも囲炉裏の方との山登りは初めて。今日のコースは、武平峠→郡界尾根→三人山→東雨乞岳→雨乞岳→清水の頭→雨乞岳→東雨乞岳→七人山→クラ谷→武平峠。がんばらねば!朝7時、武平峠の県境トンネル駐車場に集合。簡単に自己紹介し、12人で出発した。

鎌ヶ岳がカッコイイね~という声が。なるほどあれが鎌かぁ~。今日の天気は快晴。東雨乞岳の山頂は360度パノラマが広がる。素晴らしい眺めだ。鈴鹿の山々を見渡せ遠くに伊吹山まで!!感動~。東側の平野部には三上山かなぁ~、という山も見えた(ちょっと自信がないがあのカタチはそうだろう)。

Amagoi2東雨乞からは尾根歩きで雨乞岳→清水の頭を目指す。尾根は熊笹に覆われて背丈を越える場所も。なんだか巨大迷路に迷い込んだみたいで楽しかった。稜線の紅葉がとても美しく、景色を見ているだけで幸せな気分。でも写真の腕がイマイチで紅葉のよい写真がありません(涙)。雨乞岳から先は歩いている人もまばら。清水の頭近くでランチをとったが誰もいない稜線は静かでよかった~。手早く次々に出される料理もおいしい。思わずゴロンとお昼寝。気持ちいいよ、幸せ~。ランチ後は東雨乞まできた道を戻る。

Amagoi4東雨乞岳から七人山へはしばらく急な下りが続き、クラ谷との分岐から登りになる。七人山の頂はすぐだし帰りはクラ谷を通るので、ザックは置いていけばいいやん、ということになった。私は迷わず身軽になって七人山の黄葉の森を進む。特にどこが道というわけでもないので、皆自由に上を目指した。なんか信州あたりにいるような雰囲気。う~ん、素敵な風景。頂上でしばらく森の雰囲気を味わってさあ下山。話をしながらひたすら下っていると見覚えのない場所に出た。ん??こんなとこあったっけ?ザックもない。なんと、先頭きって歩いていた私が方向を誤ってましたようだ。登りは頂上1点を目指せばいいけど、下りでは360度どの方向にも行けるのね。人はこうやって山の中で道を誤ってしまうんですね。いい勉強になりました(アホです)。

分岐へ戻り、そこからクラ谷沿いの道を歩いていよいよ下山。沢沿いの道も今までと趣が変わっていい感じ。今日のコース設定はとても素晴らしいなぁ~。あとは武平峠までの下りと思っていたが、登ったり下ったりでなかなかハードだった。ゴールにたどり着く前にすでに筋肉痛が!!15時半、武平峠に到着。下山後は鈴鹿スカイラインをそのまま三重側へ降りて、湯ノ山温泉で疲れた筋肉をほぐした。

今日は天気も紅葉も眺望も最高で、これが私の思い描いていた山登り!と大満足の1日でした。これからは山も積極的に歩きたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »