« 新入部員 | トップページ | 課題に取り組む »

2007年10月 7日 (日)

奥ノ深谷でキンチョー

Okufukaカヤック仲間と比良の奥ノ深谷へ。

土曜日に鈴鹿の大岩谷へ行く予定だったが、誘ってくれた友達が仕事で来れなくなってしまった。ここでしんちゃんと2人行き先を思案する。神崎川ならよく知っていて危険なとこもそうないけど、さすがに泳ぐのはもう寒いしなぁ。今年はまだの元越谷に行ってみたいけど、15mの元越大滝が非力な(?)女性2人ではちょっとなぁ。そうだ、カヤック仲間に声を掛けてみよう、と連絡すると日曜日に奥ノ深谷へ行くという。オクフカは行ってみたかった沢じゃないですか。これはチャ~ンス。お願いして一緒に連れて行ってもらうことにした。

Okufuka1当日は堅田駅でしんちゃんをピックアップし坊村へ。明王谷横の駐車場に車を停めてさあ準備。去年のお盆に明王谷のシャワークライミングツアーに参加した後、沢の魅力にとりつかれて本格的に沢登りを始めたが、まさかハーネスつけて滝を登るようになるとは夢にも思ってなかった。まだ1年ちょっとしかたっていないのに随分昔のように感じる。その間、沢に出かけること15回。今日で16回目の沢登り。我ながら見事なハマりっぷりやなぁ~。懐かしい明王谷の上流が奥ノ深谷だ。今回は林道を歩いて直接奥ノ深谷に入渓することに。このコースどうしても泳がなくてはいけないとこが1ヵ所あるらしい。それに備えてカヤック用のドライトップを着る。しんちゃんにも原色ハデハデダサダサの通称ピエロドライを貸してあげた。これで泳いでも大丈夫~♪。

Okufuka2奥ノ深谷は短い距離に多くの滝が連続している。しかもその滝が普通に5m~10m級。中には4段40mというのも…。その姿は個性的で、とても美しく気品が感じられる。素晴らしい沢だ。実は今回全員が初めてのコース。以前からこの沢は経験者に連れて行ってもらった方が良いと聞いていたが、カヤック仲間の1人が昔クライミングもやっていたそうなので、なんとかなるかな?という感じ。逆にカヤック仲間は私が女性の友達を連れてくると聞いて、一抹の不安があったようだ。しかし最初からガンガン登るしんちゃんの姿をみて安心した様子。そう、この中で一番の怖がりは私だったのです。みんな見捨てないでね~。特に怖いと感じたのが2つ目の写真の8m斜瀑上部の直登(てっぺんに立ってる仲間を基準にすると8m以上ありそう…)。それと3つ目の滝右岸のトラバース。なんだか緊張の連続だ。

Okufuka3滝の高巻きもドキドキ。ルートを探している内に、うっかり自分が先頭にたってしまった(え~ん、いつも後からついていくタイプなのに~)。結構急な斜面を登ってきて、残されたのはこの狭くて高いテラスによじ登るルート。でもこの先は一体どうなっているの?登ったはいいけど先がなかったら降りるの怖いや~ん。など心の葛藤とはお構いなしに後続の仲間が詰まってきた。かといってここで先を譲るのも危険な場所。意を決してテラスによじ登る。少し先に進むと滝上部に安全に降りられそうだ。OKサインを出して無事高巻き終了。ふ~、初めてのコースって大変…。余裕がなかったので高巻きの写真はありません。

Okufuka4登っても登っても次から次に滝が出てくる~。景色に感動しながらも緊張しているからでしょう。暑いのか寒いのか、お腹がすいているかどうかも全然感じない…。そういえば、今年の初沢登りは同じ比良山系の八池谷だったが、このときバテてしまった原因がこれ。緊張しすぎでお腹が空いていると感じなかったことだ。下山後に気付いたが5時間半の遡行中、私が口にした食べ物はパンとおにぎり1つずつだけだった。そりゃバテるわ~。こういうのを山屋さんの間では「シャリバテ」というらしい。以後、エネルギーの補給には気を使うようになった。

Okufuka5皆の緊張がとけたのが上流部のナメに出てから。滝の景色以上にやたらと感動しまくった。お昼ごはんはラーメンやおでんを堪能。この季節はあったかいもんに限るね~。再び遡行を始めるとすぐに登山道が横切った。この登山道を使って下山。つづら折れの道を下りながら、こんなに登ったのか~としみじみ。

奥ノ深谷遡行は緊張の連続だったけどよい経験になった。沢登りの初心者トレーニングに使われるというのも納得だ。これから年1で来れたらいいな~。

|

« 新入部員 | トップページ | 課題に取り組む »

コメント

頑張ってますね~!
私は南アルプス以降は岩登りモードになりました。
びわこ周辺には良い岩場が多いので岩登りも楽しんで下さいね~!

投稿: オールドクライマー | 2007年10月 9日 (火) 23時54分

奥の深谷明るくていい沢ですよね。口の深谷と対照的です。昔(20年以上前!)何度か行きました。当方は今年から沢を再開したところで、しほっちさんのブログも参考に鈴鹿のツメカリ等に行き初めたところです。脚の具合はいかがですか?
実はこの日曜は会社の同僚と元越谷に行ってました。お誘いすれば良かったかな?途中登山者には1人しか会わず静かな山行で、ちょっと拍子抜けでした。そうそう帰りの林道で猿に会いました。泳ぐのはそろそろ遠慮ですが、シャワーならまだこの秋1~2本行けそうですね。

投稿: MACK | 2007年10月10日 (水) 17時48分

>オールドクライマーさん
いや、今回はほんとにがんばりました!!
この季節外岩はよさそうですね。
さすがにクライミングはベテランさんがいないと
難しいですね~。
いつか機会があれば色々教えてくださいね。

>MACKさん
はじめまして。
このブログを参考にしている方がいらっしゃるなんて、ちょっとビックリです。あまり詳しいことは書いていない(その辺り自信がない)のであんまり信用はしないでくださいね。
この季節になると沢で人に会うことも少ないです。
私も10月いっぱいは沢を楽しむつもりです。
お会いすることがあったらよろしくです。

投稿: しほっち | 2007年10月10日 (水) 20時41分

奥の深谷にも行きましたか~
そろそろこの辺りのレベルの沢から、ロープワークができないと危なくなってくるので、気を付けてくださいね。

投稿: 野遊び人 | 2007年10月15日 (月) 17時55分

>野遊び人さん
ほんと、まったくその通りです。
ロープワークなどのライミング技術をしっかり身に付けたい!と最近つくづく思っています。
ネットで教室がないか??と探していますが、なんだかどうしていいんだか…という感じです。
また機会があったら教えてくださいね~。
って次回は来年ですね~。

投稿: しほっち | 2007年10月15日 (月) 21時13分

ご無沙汰しています。白滝谷以来ですが、すごいですね。沢に16回!私もしほっちさん同様沢にどっぷりはまってます。来年はご一緒させていただきたいです。奥の深谷、また行きたいです~。

投稿: まー | 2007年10月23日 (火) 23時38分

>まーちゃん
コメントありがと~。そろそろ仲間が沢終了モードに入ってしまい寂しいです。来年はぜひぜひご一緒しましょう!!今年は地元の沢が多かったけど来年は台高あたりまで足を伸ばせたらいいな~と思っています。

投稿: しほっち | 2007年10月24日 (水) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/8286423

この記事へのトラックバック一覧です: 奥ノ深谷でキンチョー:

« 新入部員 | トップページ | 課題に取り組む »