« 癒しの赤坂谷 | トップページ | 新入部員 »

2007年9月23日 (日)

再び赤坂谷~ツメカリ周遊

Akasaka0囲炉裏の仲間と赤坂谷へ。

囲炉裏のCさんからのお誘いで、大阪から来られた囲炉裏の皆さんとご一緒させていただいた。このグループに初参加の私を含め総勢6名。前回と同じコースだがゆっくり歩くことを考えてスタートは8時となった。昨日はカンカン照りの真夏日だったのに今日はすこし曇り気味で残念。しかし何度歩いても気持ちの良い沢~。

大きな滝などはザイルを出して慎重に登る。沢登りを始めた当初は高いところが怖かったが、最近はだいぶ慣れてきた。でも安全に万全を期すことは大切なことだなと改めて思った。あと自分に足りないと感じたのが、後続の人がキチンと登れているか確認して、必要だったらお助けロープなどで補助すること。Akasaka2いつも体力や力のある男性陣に助けてもらってばかりいて、自分が誰かを助けるという意識がなかった。しかし今回ご一緒させていただいたメンバーは男性女性、経験の多い少ないに関係なく、さりげなくスッとロープを出し引っ張ってくれたりする。とても勉強になった。

ツメカリ谷への尾根越え分岐には、大グループがランチタイム中だった。私たちも少し離れた場所でお昼にする。カップラーメンを取り出そうとしていると、今日はおじやと焼き鳥を用意しています!とのこと。ああ~神様!今日皆さんとご一緒させていただいたことを感謝します。幸せ~♪

Akasaka1さあ、楽しいランチタイムも終了し、ツメカリ谷への尾根越えだ。がんばれ、がんばれ。尾根越えタイムは前回とほぼ同じ。尾根に上がるまで10分弱。ツメカリ谷までトータル45分だった。今回も少し登って裏見の滝で写真を取り、ツメカリ谷の下降を開始。それぞれの下降スタイルでドンドン下る。水中をジャブジャブ歩く人に、華麗なヘツリで水没を避ける人。滝をジャンプする人、巻く人。そう、沢の歩き方は自由だ~!

Akasaka3下降中、進行方向だけ見ていると景色を見逃しがち。ここってどんなだったかな?と振り返ると立派な多段のナメ滝だった。結構迫力がある。前回に比べゆっくりペースなので、ゴールの時間が心配になってきた。黙々と歩いていると右足をグネッと挫いてしまった。マズい!と思ったが軽かったのか全然痛くない。何事もなかったようにそのまま歩き続ける。ここで捻挫なんてしたら日暮れまでにゴールできない。危ない危ない。がしかーし、どうやらこの時はアドレナリンが出ていて痛さに気付かなかったよう。無事遡行を完了し帰宅して車から一歩踏み出した途端、激痛が走ってビックリ!痛いと感じなくてもテーピングだけでもしておくべきだった。と反省した。さて、本流との出合いで最後の休憩。不思議なことに今回は休憩のたびに日が射す。前回とは正反対の現象で面白いな~。

Akasaka4本流下降ではさすがに寒かったようで、皆さんできるだけ水につからないコースを選択。最後までしつこく飛び込みポイントを探して歩いている私。「1人だけ見ている方向が違うぞ」と指摘された。そんな皆さんもS字廊下で私が滑り台よろしく滑り落ちると、やっぱりその魅力には勝てないらしく、もう泳ぎたくない!と言っていたのにどんどん滑って笑顔で水中へ。大水泳大会となった。ゴールは17時15分。

今回も、とても楽しい遡行となった。声を掛けてくれたCさん、ご一緒させていただいた皆さん本当にありがとうございました。捻挫は翌朝には痛みがマシになったので気合で治します。また是非ご一緒させてくださいね~。

|

« 癒しの赤坂谷 | トップページ | 新入部員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/8108820

この記事へのトラックバック一覧です: 再び赤坂谷~ツメカリ周遊:

« 癒しの赤坂谷 | トップページ | 新入部員 »