« 2歳児三上山に登る? | トップページ | 前鬼川で感動 »

2007年8月19日 (日)

遊びすぎ注意!ツメカリ谷遡行~白滝谷下降

Tumekari1 囲炉裏の仲間+カヤック仲間でツメカリ谷へ。

先週の公開登山で知り合った方が、偶然にも囲炉裏のメンバーということがわかり意気投合。早速今週も神崎川で沢登りの約束をした。懸垂下降も教えてもらえることになりワクワク。すると前日になって、カヤック仲間2人からも神崎川に誘われた。ならば一緒に行きましょう!ということで日曜日に4人が集合。カヤック仲間と沢登りするのは今回が初めてだ。最近は私同様、カヤックより沢や山に興味が向いているらしい。今日はツメカリ谷を登り、登山道は使わず白滝谷を下降することになった。

Tumekari0林道終了地点からまずは神崎川の本流へ入渓。私が知っているハト峰への登山道とは反対の道に入った。ツメカリ谷下流の河原に出るらしい。いつもの道はツメカリ谷上流に出るのでそこから下流へ向うが今回は上流へ。本流を少し沢登りしてからというのも楽しいな♪。ツメカリ谷では、イワタバコが一株ひっそりと咲いていた。初めて見た~。沢では登るのに夢中になりがちだけど、こういう花を愛でながら、というのも素敵だな。

Tumekari2スダレ状の滝に到着すると、いよいよ懸垂下降の訓練開始。懸垂下降の方法をレクチャーされる間、カヤッカー3人は真剣な表情。お手本を見せてもらっていよいよ私の番。キ・ン・チョー。ちょっとずつ、ちょっとずつ、右手でロープを操作しながら下降する。力が入りすぎているのか腕がだるくなってきた。下に着く直前、体が左右に振られた。おっとっと。その拍子にプルージックがガッチリ効いて下降できなくなってしまった。そのままロープを腕でたぐりよせ登り返す。ドキドキだ。ん~最後まで行けなかったけど今回はこれで…、と弱気な私。バトンタッチして皆も1回ずつ懸垂下降の練習をさせてもらった。人のを見るのは気楽でいいな~。

Tumekari3裏見の滝で写真を撮る。みんなハシャギまくり(^_^)。今日は天気もいいし、最高の沢日和。「ほんまここはフレンドリーでいい沢や~」。カヤック仲間も上機嫌でフレンドリーを連発。どうやら先々週、下谷尻谷に入ってかなり苦労したようだ。どんどん歩きケルンを目印に右の小さな谷に入る。ここから尾根を越えて白滝谷へ。下りは結構な急斜面。木づたいに進み白滝谷に入った。台風直後に来たときは激流だったけど今日は静かでこれもまたイイ感じ。

Tumekari4白滝谷でも2段8m滝の横にある垂壁で懸垂下降。今度は本番。さっきより高いし、落ちても滝壷ちゃうし…。なんとなく3人とも無口になる。ところがやってみると1度経験しているせいか、それほど恐怖心もなく楽に降りることができた。今度は最後まで下降完了。「楽勝!」と叫ぶと上の2人は「ほんまか~!」とツッコミを入れてくる。ほんまほんま、私を信じて(←これが一番信用できない)。3人の懸垂下降をフォローするため、師匠は2段8m滝を何度も往復。本当にありがとうございました!!

Tumekari6白滝出合いで少し休憩し神崎川本流を下流へ向う。ツメカリ谷出合い手前にある杠葉尾行きの登山道で林道へ上がろうと相談してたが、カヤック仲間が今朝使った道から上がりたいと主張。そうなると本流をしばらく下降しないといけない。ま、もう少しやしいいか…。しかし、ここからカヤッカー達の本気水遊びが始まった。泳げるところは水中眼鏡をつけてあまごを観察しながらプカプカ泳ぎ下る。結構たくさんいて中には15cmほどのものも。飛べるところは全部飛込みで進む。

Tumekari5_2ゴルジュ帯では6mほどの岩場から飛込み大会!!この高さは久しぶり~。昔カヤックでダウンリバー中、フネに乗った状態でよく飛び込みしたよね~。飛び込み&水泳でヘトヘトになっていたのだろう。水深4m程の川底へ潜り、石を拾って浮かび上がったが、あれ!?溺れるかも!!と、慌てて岩肌に取りつく。油断大敵!!潜るために浮力のあるザックも外していた。朝9時スタートでもう4時過ぎだ。疲れてるのも忘れて浮力無しで川で泳ぐなんて、ダメ!絶対!!である。軽率な行動に海より深く反省。ここでも休憩を取って、さあそろそろ真剣に帰りましょ。

林道終了地点へ戻ると5時だった。あ~面白かった。みんな、あ・そ・び・す・ぎ。大人の夏休みでした。

|

« 2歳児三上山に登る? | トップページ | 前鬼川で感動 »

コメント

しほっちさんこんにちは!
残暑お見舞い申し上げます。
白滝谷下降、本当に楽しそうですね~
懸垂降下は是非ともやってみたいです。
ハト峰~白滝谷~大瀞~根の平峠は良く歩きます。でも夏はやっぱり沢登りがいいですね!
来年の夏までには装備を揃えて沢デビューを
果たしたいと思っています。
その時は仙香谷でお世話になった皆さんと
是非とも再びご一緒させて頂たいです。
私は25・26日で白馬岳に行ってきました。
天気にも恵まれ幸せな一時を過ごす事が出来ました。
これからも頑張って下さいね!
次回の沢編も楽しみにしています。

投稿: 上歩地 | 2007年8月28日 (火) 13時01分

上歩地さん、書き込みありがとうございます。
夏は沢登り本当楽しいですよね~。
懸垂下降の練習は滝壷のない所でしました。
飛び込みたくならないように。
来年のデビューお待ちしています。
また皆でワイワイ楽しみましょう!

投稿: しほっち | 2007年8月28日 (火) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/7604646

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びすぎ注意!ツメカリ谷遡行~白滝谷下降:

« 2歳児三上山に登る? | トップページ | 前鬼川で感動 »