« ボルダリング部 | トップページ | 部活 »

2007年7月28日 (土)

神崎川お気楽沢登り

1futariやっと来ました真夏の神崎川!!

今年は6月ぐらいから神崎川沢登りを何度か企画しながら、毎回直前の大雨で断念していた。梅雨が明けたこの週末、3度目の正直で晴天の本流遡行が実現。しんちゃんは去年から数えて6度目の正直か?こうなるともう悲願という感がただよう。今回は女性2人の沢登り。不安もあったが、それでも実行に移した決め手は次の通り。絶対晴れる・本流でまず迷わない・晴れ続きで水量が安定している・梅雨明けで大勢の人が沢登りしているに違いない。

2rakkoというわけで、無理せず気楽に行けるとこまで行って戻ってくるつもりで出かけた。車を停めスタート準備をしていると、地下足袋にわらじというクラッシックスタイルのおじさんが現れた。取水堰堤の越え方を聞かれたので説明。準備が終わり取水堰堤から入渓すると、先ほどのおじさんが堰堤の下からハシゴを登ってくるところだった。神崎川は初めてとのこと。地元も同じだとわかり、色々話をしながらなんとなく一緒に遡行することに。

4taki_1それにしてもいい天気!!エメラルドグリーンの水も美しくホンマ気持ち~!快晴の神崎川バンザイ。歩いたり泳いだり登ったり、楽しいなぁ~を連発しながらドンドン上流に向う。1カ所流れを渡るのがハードなところがあったが、先行していたおじさんに手を貸していただいてクリアした。やっぱり男性がいると心強い。途中の淵で水中を観察すると、太陽の光がキラキラ降りそそぐ中、小ぶりだが数匹のアマゴが泳いでいた。う~ん、なんて素敵な沢でしょう。写真を撮ろうとカメラを取り出すと、カメラはスルリと手からこぼれて水深3mの川底へ…。アカン興奮しすぎや、落着け落着け。幸い川底までクッキリ見えるのでライジャケを脱ぎ捨てひと潜り。難なく拾うことができた。よかった~。

5namekuji水圧と格闘するしんちゃん。なかなか上がれずに苦戦を強いられ、なんだか岩に挟まれたナメクジのようにのたうち始めた。なぜわざわざ挟まりにいく?がんばれ負けるな!もっと腰ごと上がっていけ!思わず「ファイト~!」と声を掛けると「イッパ~ッツ!!」と返ってきた。大丈夫、まだ余裕があるようだ。白滝出合いでは河原で思いっきりくつろいでいるおじさん2人に遭遇。毎年梅雨明けに三重県側からハト峰を越え、ココで小宴会を開くのが恒例らしい。「今日は遡行してる人が少ないなぁ、水量が多いのか?」と聞かれた。確かに、私たちもまだ誰とも出会っていない。でも水量は多くないような気がする。対岸に杠葉尾(ゆずりお)行きの登山道を確認。時間も時間だし、もう少し遡行して帰りは登山道で林道まで上がることにした。

6gorju しばらくするとゴルジュの入口に到着。ここから30mほどは泳ぎになる。ウェットを着込んでいる私達でさえ、そろそろ泳ぐのは寒いな、と感じてきている。さすがにTシャツ姿のおじさんはここで遡行を打ち切ることに。私たちはもう少し先まで進むことにした。おじさんは「楽しかった」と言い残し登山道へ去っていった。こちらこそ助かりました。ありがとうございました。ゴルジュを泳いで越え、小滝を登りまた泳ぎしていると、ゴゴゴゴゴ…と水の轟く音が聞こえてきた。やった!天狗滝に着いたんや。今日はもっと早くに折り返すと思ってたけど、ここまで来れるなんてなかなかやるな~。ゴルジュを越えてからは、どこで引き返そうかと考えていたが、これでゴールを宣言できる。

7tengudaki_1滝壷を泳いだり滝をみながら休憩していると、滝の上に男女2人の登山者が現れた。そしてザックを滝壷に放り投げると体ひとつでダイブ!!女性はかなり躊躇していたが、やっぱりダイブ!!人の飛び込みを見るのも楽しいなぁ。彼らは三重県側から山を越えヒロ沢へ降りてきたという。さ、ええもん見れたし私たちもそろそろ帰りましょう~。ああ~楽しかった。

車まで戻るとシャワークライミングの団体さんが帰ってきたとこだった。赤坂谷に入っていたようだ。本流ではほとんど人と会わなかった分、静かで造形美豊かな神崎川の自然を堪能できた。いや~、いい1日やった。またすぐ戻ってくるからね~。

|

« ボルダリング部 | トップページ | 部活 »

コメント

ぐっ郡上メット???

投稿: けんこ@部長 | 2007年8月 5日 (日) 17時29分

ばっ、バレました?
シェルメットです。ハイ。

投稿: しほこ@部員2号 | 2007年8月 6日 (月) 21時23分

こんばんは~
突然失礼します。
偶然ですが、昨年の夏に神崎川でご一緒したのがしほっちさん(とお連れのしんちゃん)だったことを今頃になって知り、ビックリ!
あのときの切れたワラジのオヤジ(HN=biwaco)です。(笑)
そういえば、あのあとにも一度出会いましたね~

ブログ読ませてもらいました。
RPに記録していただき光栄です~♪
indyさん、はうさん、オールドクレーマーさんなど、山や沢に同行したり、ネットでお話した方々の名前があり、山の世間も狭いなあ…と嬉しくなってしまいました。
渋川には昨年indyさんらと行き、今年も宿題を返しに行くつもりだったんですが…。

ヤブコギネットの投稿(藤原迷い尾根奮戦記)も読ませてもらいました。
前に伊勢谷を治田峠に出るつもりが迷い尾根に迷い込んだことがあります。(笑)

とんでもない遅レスですが、なつかしくてカキコんでしまいました。
またどこかでお会いできればいいですね~
ぼくのブログを貼っておきます。よければ覗いてください。http://biwaco06.exblog.jp/m2007-07-01/

投稿: biwaco | 2008年12月24日 (水) 23時26分

biwacoさん、コメントありがとうございます。

まさかまさか、偶然ご一緒した方からコメントいただけるなんて感激です!!ブログも書いておくといいことありますね!
私もindyさんの掲示板等でbiwacoさんのお名前拝見したことあります。本当、山の世界は狭いですね。
あっ!ゆきずりの人なので、ブログの記事ではおじさん扱いで大変失礼しました。次からはちゃんとbiwacoさんと書けますね…(^_^;)。

きっとご一緒できる日がくるでしょう。
そのときを楽しみにしています!

投稿: しほっち | 2008年12月27日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/7317318

この記事へのトラックバック一覧です: 神崎川お気楽沢登り:

« ボルダリング部 | トップページ | 部活 »