« 茶屋川を歩く | トップページ | 紅葉の茶屋川 »

2006年10月21日 (土)

ツメカリ谷を登る

Tume2今回は神崎川からツメカリ谷を遡行し、峰をひとつ越えて白滝谷を登山道沿いに降り神崎川に戻るコース。

二週間前からはめているギプス。まだ外すには不安があるが、取り外しが可能なので難しいとこがあったら取って登ろうか?という考え。途中どうしても水につかるところがある、ということでカヤック用のドライトップを着込んだ。下半身も秋冬用の分厚いウエットパンツを装着。怖いものなしである。フフ…。自分だけというのも申し訳ないので、べーやんにもドライトップを貸してあげた。ただこのドライが、ものすごい色使いでピエロのように派手でダサい。そのダサさ故、色んな人の手を渡ってきたものだ。そんなんでごめんね。

Tume3ツメカリは色々と見所があり楽しい。滝の裏側を通る「裏見の滝」や、スダレ状の滝。そして岩を登る場面もそこそこ多い。特にギプスを外す必要は感じなかったのでそのままガンガンいく。岩をよじ登っていると自分の中の野生がよみがえってくる感じがする。カヤックやパドルなど、乗物や道具を使わず体ひとつで動くことがこんなに楽しいなんて!発見だ。ちょっと、おサルになった気分。

Tume4 白滝谷を並行し何度かクロスする登山道を通って神崎川へ降りた。 う~ん、なんて気持ちいい天気でしょ。今回のこのツメカリコースは本当に素晴らしい。本流はどうしても泳ぎメインになってしまうけど、ここなら泳ぐ泳がないは自分の意志だし、岩登りもいいペースで出てくるし。これはかなりお気に入りのコースだ。

ドライとウェットのおかげで寒さも感じず、また来たいな~と思ったが、べーやんは下半身が水につかったのでさすがに寒かったらしい。「今年の沢はそろそろ終了」とのこと。ああ~、こんなことならもっと夏のいい時期から沢登り始めればよかった~。来年こそは夏にガンガン泳ぐぞ~!!と思った。

|

« 茶屋川を歩く | トップページ | 紅葉の茶屋川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423824/7085105

この記事へのトラックバック一覧です: ツメカリ谷を登る:

« 茶屋川を歩く | トップページ | 紅葉の茶屋川 »