2008年11月 1日 (土)

茨川~藤原岳 迷い尾根から大いに迷う

Fujiwara02年間温めていた企画。茨川~藤原岳へ。

茨川から茶屋川を歩き、そのまま藤原岳に登る、という計画を思い立った去年。実行直前に雪が降ったため、藤原岳は断念し、茨川⇔三筋滝といういつものコースで我慢した。今年は雪が降る前に!と早めの日程。そして茨川→西尾根→藤原岳→迷い尾根→茨川というコースにチャレンジ!!初めてのコースなのでしんちゃんにも下調べや地図の準備を念押しした。一緒に地図とにらめっこして歩こうよ~という感じ。

Fujiwara山登りを始めて1年。今まではいつも誰かが企画した山行に着いていくというスタイルだったが、そろそろ自分で地図ぐらい読めなくてはいけないのではないか!ついに機は熟した!!とばかりに今回はコース設定も自分。先月しんちゃんと二人で石谷川を遡行できたのに気を良くした、というのが本当のところだが…。私は地形図にコースのラインが入ったものを用意。しんちゃんは山地図に磁北線を引いて準備万端。決行前日にカヤック仲間1名も参加することになり、3人で茨川へ向かう。

Fujiwara2

茨川を9時スタート。茶屋川を軽快に遡行。蛇谷分岐で沢靴からトレッキングシューズに履き替え西尾根に取り付く。さぁ、念願の藤原岳へ!!西尾根は最初、結構な急登。

Fujiwara3

西尾根は落ち葉と木漏れ日が気持ちの良い空間。

Fujiwara4

西尾根から藤原岳を望む。

Fujiwara15

11:50。藤原岳山頂に到着。も~お腹減った~、今すぐ食べな死んでしまう~。というわけで少し南に進んだとこでランチにした。

Fujiwara5

三重県側を見下ろす。伊勢湾も望めていい景色。しかし滋賀県側からアプローチした者としては、山奥に分け入って凸凹林道を30分以上かけてやっとこスタートできたのに、あまりにも街が近いのでなんだかな~という感じ。郊外の山に登ったみたい…。

Fujiwara6

ここから藤原岳の南尾根を下るのだが、私の抱いていた尾根歩きのイメージを覆すビックリするほどの急降下。踏み跡もハッキリせず歩いている内に方向を見失いそうになる。

Fujiwara16

ちょっと足を踏み外したら2~30mずり落ちそう…。これがスキー場だったら泣いてごめんなさいしてリフトで降りるかも(私の腕で)。コンパスと赤テープを頼りに恐る恐る進む。もしガスったら一歩も動けなくなりそうだ。

Fujiwara7

山と高原地図にも迷マークが記されているし…。ところどころに出てくる看板で現在地を確認する。

Fujiwara8

やっと登山道らしい分岐に行き当たる。おお~まるでハイウェイのように感じるわ~。

Fujiwara14

蛇谷分岐を14時に通過。現在西を向いて進んでいるがそろそろ冶田峠との分岐に差し掛かる頃だ。分岐を南に進めば冶田峠、真直ぐ西へ進めば茨川。私たちは今回ダイレクトに茨川を目指す。下調べではその分岐には迷い尾根という標識が立っているらしい。迷い尾根というぐらいだから要注意。

Fujiwara17

その前にちょっと休憩~。ハイウェイ尾根で飛ばしすぎて…。現在地は13番。もう少しで迷い尾根だなと確認後出発したが、ここでハプニング。仲間に借りたストックを13番ポイントに忘れた~(涙)。仲間には現在地で待ってもらい、あわてて一人、地図とコンパスを片手に戻る。しばらくしてポイントに到着。あれ?様子が違う!?よく見ると看板には12番の表示。傍らには迷い尾根分岐の看板が…!!え!?私たちは迷い尾根をとっくに通り過ぎていたようだ。約20分程ロスをしたが、ストックも無事見つかり正しい現在地も把握できたので、結果オーライということで。

Fujiwara9

迷い尾根も迷わず通過できたし(?)、あとは茨川に下りるだけ~!!バンザーイ!!南尾根では苦労したけど道も見失わず来れたし、私たちもなかなかヤルやないの~。時間も気になってたけど、これなら余裕を持ってゴールできそうやし。ああ~一安心。とハシャギながら西に突き出た尾根を下り始めた。15:08。

Fujiwara10_2 

しかしバンザイはまだ早かったのです。なんだか急斜面になってきたけど…。ご機嫌さんで進んでいたが、いよいよ尾根は立って歩くことが困難な急斜面となり、切り立った両側の谷底に細い沢が流れているのが見えてきた。

地形図では尾根の先端に茨川があるはずだ。しかし、この尾根を降りたとしても沢の出合いに出るだけ…。この急勾配では無事に降りられるかどうかも分からないし、沢に降りてしまったその後は?二人は沢靴を持っているから大丈夫かな?。時刻は15:45。登り返しても正しい道が見つけられるのか?だったら暗くなる前に沢へ降りたほうが早いのでは…?いろんな考えが頭をよぎる。でも…これって道迷いで一番してはいけないパターンに陥りかけているような…。沢に降りずに尾根に上がる。これが鉄則だったはず。

よし、登り返そう!!テープのあったところまで…!ハッ、そういえばバンザイした後、誰もテープがあるかどうかを気にしなくなっていた。あとは降りるだけ~と気をゆるめたとたん…。人間の心理って怖いわ~。さぁ、登ると決めたからには気合を入れて登るぞ!!おサルのように木伝いに登る登る。山登りというよりクライミングに近いものが…。がんばれがんばれ。登り返す間、全員の頭の中では、ビバークのシュミレーションが始まっていたようだ…が、あまりにも不吉なので誰もそれを口には出さなかった。

Fujiwara11

テープあったで~!!先頭を進んでたカヤック仲間の声が聞こえた。16:07。よかった~!!私たちは降りるべき尾根のひとつ北側の尾根に迷い込んでいたようだ。正しい尾根は杉が生えている方だった。間違った尾根は広葉樹が主。うん、歩きやすいね。やっぱ植林で人が入ってる感じが…(←早く気づけば良かった)。すっかりテープ信者となった私達はひたすらテープを頼りに下山を急いだ。

Fujiwara12

杉林を進むうちに前方に青い屋根が見えてきた。今度こそ茨川だ!!バンザ~イ!!日が暮れる前にゴールできた~!!やったー!!今は山小屋として使われている民家跡では、山頂付近で挨拶を交わしたグループが晩御飯の準備をされていた。皆さんは冶田峠を越え銚子岳まで行かれたんだとか。私たちのペースって…。

Fujiwara13

とにもかくにも、16:30ゴール。初めて自分達で地図をたよりに歩いてみたが、いや~、大変良い勉強になった。今後の課題山積みですが、研究してまたチャレンジしてみたい。いつかしっかり地図を読めるようになるぞ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

高島トレイル(三国峠~おにゅう峠)

Takashima1囲炉裏の仲間と高島トレイルへ。

高島トレイルの一番南から北上するコース。ブナ林の中を歩くのがいい感じ。今回はお昼の宴会がメインでした。なんとカセットコンロ&土鍋が登場!!こんな重いものをこっそり背負って登っていたなんて、ありがたやありがたや…。おかげでとっても美味しいお鍋をいただくことができた。シェフ&ボッカ隊に感謝です。宴会はワイワイと楽しく2時間半に及んだ。盛り上がりすぎ…。

Takashima2 

わぁ~、雰囲気の良いところ~。

Takashima3

左:福井県 右:滋賀県 県境尾根はこんな感じのとこが多かった。滋賀県側が杉ってとこがガッカリ。しかも手入れされてなさそう。

Takashima4

ゴール近くからの景色。

Takashima5

今日はここまで!またいつか続きも歩いてみたいな。久々の登山で帰宅後爆睡。まぁ、登山中にへたれなかっただけでもヨシとしましょう。これからが私の登山シーズン。楽しむぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

遠足第二弾

Kanzaki01再び神崎川ボルダーへ。

この日は木曽の御岳を登っているはずだった。が、直前に体調を崩してしまい泣く泣く断念。登山を始めて1年。初の2000m越え登山だったのに~(涙)。ポッカリ空いた3連休。神崎川でまったりぐらいならできるかな~、と直前に仲間に声を掛けて遠足第二弾が実現。皆ありがとうございます!今回は部長、部員2・7号の3人。

Kanzaki02

裸足&ノーハンドで登りきるスラブマスター。私には無理よ~(怖)

Kanzaki03

すっかり秋の空やね~。

Kanzaki04

なごり惜しいけど帰りましょ。私がまったりモードだったので写真がないが、みんな意欲的に登っていた。この後、林道に上がる手前にあるおまけ岩でしつこく登り、車についた頃には日が傾いていたのでした。神崎川、今日も1日ありがと~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

温泉&ウナギつき 充実の石谷川遡行

Ishitani0_2 しんちゃんと二人、三重の石谷川へ。

今年は早めに涼しくなり、さすがに沢は終了かなぁと考えていた10月最初の週末。天気予報では久々の夏日とのこと。う~ん、これは行かねばなるまい。なんちゃって沢ノボラー2人きりというのが不安だが、無理をしない!を合言葉に現地へ。

久しぶりの石谷川は相変わらず雰囲気のかわいい沢。しばらく歩いてると汗がしたたり落ちてくる。沢日和ですね~。

Ishitani1

七つ釜。巻き道に上がるのにウロウロした。

Ishitani2

去年はスリングで助けてもらったけど、今年は一人で登れた!やった。今日は補助する側に。なんか私成長してるぅ(嬉)!

Ishitani3

最後の滝。この滝を巻き上がったとこで遡行を切り上げた。

Ishitani33

登山道を下る。木漏れ日が心地いい~。

Ishitani4

営林小屋跡。崩れそうでキケン。

Ishitani5

下山後はいつもの亀山総合保健福祉センターで150円の温泉&鈴鹿峠のウナギ屋さん。このコース、も~やめられません。今日は二人だけということでドキドキ遡行だったが、フタを開けてみると自分達のペースで歩けたのが体力的精神的にとても楽だった。石谷川は少し高い滝は必ず巻けるので、私たちぐらいのなんちゃって沢ノボラーには最適。しかも簡単な割りに良い滝も数多く、しっかり癒してくれるのが嬉しい。

そういえば、去年購入した防水デジカメ、パッキンがダメになったのか水漏れが…。今日はPhoto by しんちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

ボルダリング部秋の遠足

Kanzaki1 ボルダリング部、初のイベントは神崎川ボルダーへ。

ブログの更新が滞りっぱなしで、気が付けば遠足はなんと2ヶ月前の出来事…。そう、この日は部長、部員2・7・8号の総勢4名が参加。ボルダーに到着したとたん、裸足で走り回る部員たち。岩の感触って気持ちいい~。私には通い慣れた道だが、皆のはしゃぎっぷりが新鮮!改めて神崎川っていい場所やな~と実感。

Kanzaki2

部員8号。写真の角度が微妙でスパイダーマンになってますが。シューズあったら私より登れそう!私はスラブが怖くて、イマイチ足に体重を乗せきれませ~ん。

Kanzaki3

登るのに熱中してあまり写真が撮れなかったが、今日は天気も良く最高のボルダリング日より。神埼川ボルダーは開放感たっぷり!岩の上を歩き回るだけでもウキウキワクワク高揚して、楽しい1日を過ごせた。
また、皆で行きましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

宇賀渓・蛇谷~竜ヶ岳

Jadani2_2indyさんと宇賀渓の蛇谷へ。

石グレ峠が通行止めのため、亀山経由の大回りで現地へ。途中なぜか滋賀県内と三重に入ってからも迷い集合時間に遅れる。R306は国道のわりにクネクネ分かりにくい道だった。

9月のゲリラ豪雨の影響は大きく、沢に降りるまでも、林道がガレ岩で埋まっていたり、登山道も一部崩れていたり…。歩くのに注意が必要だ。結局入渓は9時半に。

蛇谷出合の滝の落ち口が大きく崩落していた(写真1枚目)。※最初この滝を燕滝と記述しましたが、燕滝はこの左側、本流にある滝でした。訂正します。豪雨の凄まじさが伺える。

Jadani0

五階滝のこれは最上階だったかな?蛇谷は5~10m級の滝が連続して出てくる。しかもほぼ直登できる滝でとっても楽しい。

Jadani1

暗い谷だと想像していたが、豪雨で洗い流されたのか白い岩肌が美しく全体に明るい印象。蛇谷ええとこや~♪。

Jadani

今回はリードもさせてもらった。カムで支点を取りながら登る。緊張したけどカムって便利やなぁ。ちょっと欲しくなった。でもその前に腕を上げなくては…。

Jadani4

この滝は滝芯を行く。スベスベした岩肌が手強い。indyさんは何度もずり落ちそうになりながらこの体勢で2分間粘った上クリア。スゴイ。思わず拍手!

Jadani7

同じ滝。正面突破は無理だし、巻くのはもっと怖いので、私は左側から直登。そりゃ~もう結構なシャワークライミングでヘトヘト。

Jadani5

さっきの滝で消耗しすぎた私はindyさんが直登してるスキにズルしてこっそり巻いた。今回唯一エスケープしたポイント。

Jadani6

ええ~!?この丸太も上から流されてきたの!?

Jadani8

なんか今にも丸太が動きそうで怖い~。と思ったが、案外安定していた。

Jadani9

その後、今まで岩が白くて明るい渓相だったのが、全体的に黒い岩に変わる。ここからは快適に直登できる小滝の連続。しかし、登っても登っても滝滝滝…。もうお腹いっぱい~。この黒い区間なくてもいいぐらいや~。さすがに疲れが見え始る。

Jadani3

あたりが笹薮になってくると、やぶこぎで竜ヶ岳山頂を目指す。ここまでの消耗具合と時刻から、そのままホタガ谷を降りる案が出たが、その谷はヒル地獄だとか…。疲れもピークを越え、既に思考能力が停止していたので、結局そのまま山頂を目指す。沢登りから山頂を目指すのは初めてで感慨深い。15:15山頂に到着。

Jadani10

山頂からは中道を下山。この中道も結構距離があってハードだ。まぁ、あれだけの高さの滝を山ほど登ったんだから下りも長いよね~。いつも沢靴のまま下山するがこの距離だったらトレッキングシューズの方がよかったかも。登山道もところどころ寸断されているが通るのには問題ないレベル。とにかく日没と競争するように下山を急ぐ。駐車場到着は18:00。すでに薄暗く、着替えてる間にすっかり真っ暗に。危なかった…。

蛇谷は直登できる滝が次々に出てきて楽しさ&登りごたえ満点!!今までで一番登ったかも。結構ハードだったが大満足!!次回は石グレ峠に車を置いて、そこをゴールとしよう。うん、そうしよう。絶対そうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

渋川リベンジ

Sibukawa00またまたやって来ました渋川へ。

今日のメンバーはindyさん、赤坂でご一緒したKご夫妻、しんちゃんと私の5名。今月初めのゲリラ豪雨で滋賀と三重を結ぶ石榑峠は通行止め。ここしばらくの雨でいつもより間違いなく水量が増えているだろう…。あんまり面白くなかったら3時間ぐらいで切り上げてko-wallに行ってもいいですね。と全員クライミングシューズ持参で集合した。(職場の人からは普通そんな時行かへんやろ…と言われた)

Sibukawa02_2

激しい水流で5人中4人が落水!!クリアしたのはKご夫妻だけ。

Sibukawa03

というわけで反対側からトライ。しんちゃんと私は登りきれず、とうとうKさんにロープで吊り上げてもらう。このとき、私の体重は人生最高潮。本当にごめんなさ~い。腕を上げるか体重落とすかどっちかだけでもがんばります!!

Sibukawa04

微妙なバランスで粘るしんちゃん。あとちょっとガンバ!

Sibukawa05_2

あえなくドボン。この後ナイスファイトでクリア。

Sibukawa06

核心部、Kさんは一発クリア。 お見事です。

Sibukawa07_2

最後の滝は直登でよろしく!! ここはindyさん一人がクリア。私は滝の下でアップアップしてギブ。今日は何も良いとこがなかった…(涙)

今回は水量が多かったとはいえ、トライ回数も少なく、悔しさが募る結果に。う~ん、またリベンジするぞぉ~、お~!!とりあえず体重を落とすとこからがんばります。

※今回愛郷の森キャンプ場管理者の方から注意を受けた。キャンプ場を通り抜けた奥に駐車スペースがありそこに駐車するのは問題ない。が、テントサイトに無断で車を停める人がいる関係で、車止めを設けており、沢登りに入る場合は一言伝えて欲しいとのこと。す、すいません。次回からはキチンと伝えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

神崎川ボルダー

Kanbor1_2オールドクライマーさんに声を掛けていただき、神崎川ボルダーへ。

神崎川はよく沢登りに来るお気に入りスポット。ボルダーの場所は本流の仙香谷出合い周辺。オールドクライマーさんがボルダーの課題を整理され、その数は100に登るとか…!沢登りのときは足早に通り過ぎる河原が課題の宝庫に!!課題のレベルが幅広く設定されているので、私のような初心者でも十分楽しめる内容。

今日のメンバーはオールドクライマーさんとその職場の方2人と私の計4名。私がなんとかかんとかクリアする課題も、上手な人だとサンダルや裸足でかる~くクリアしてしまう。すごいです

Kanbor

登りまくり!!のSさんとNさん。

Kanbor2

ハング岩を登るオールドクライマーさん。

Kanbor3

クジラ岩は裸足で!

Kanbor4

下流エリアへ。

Kanbor5_2

水上の岩壁を裸足で楽しむNさん。

Kanbor6

液体チョークになってますよ~。理由はご想像にお任せします。

私自身は苦手なスラブをいくつかクリアできたのが嬉しかった。それと一度諦めた課題をしつこくトライしクリア。う~ん、感激。今回は神崎川の河原をめいっぱい満喫!!大自然の中こんなにゆったり楽しめるなんて、神崎川の魅力も再認識。まだまだトライしたい課題もたくさんあるので、秋が深まるまで何度か通いたいなぁと思う。

今日は皆さん楽しい時間をありがとうございました。またご一緒できる日を楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

前鬼川ふたたび

Zenki0大峰の前鬼川へ

毎年恒例の熊野詣。もともと北山川をカヤックで川下りするのが目的だったが、去年から川下り+沢登りとなり、今年はとうとう沢登りオンリーに…。今回はカヤック仲間+しんちゃん+私のなんちゃって沢ノボラーな3名。大雨の影響で10m滝上の渡渉が心配だが、事前にビレイの方法や巻き道の情報などを確認し前日に現地入りした。

地元の人に聞くと、ここ1週間はずっと雨でやっと前日に止んだとか。水量がハンパなかったら温泉にスイッチね、と全員の意思統一をする(だいぶ腰が引け気味)。車止めのところで遡行準備している人に聞いてみると、これぐらいなら大丈夫、とのこと。入渓してみると確かに水量は多いが水も透明で美しい。よ~し、遡行開始だ!!

Zenki1

10m滝は去年より迫力が段違い!今回はこの滝上の渡渉はやめて高巻きすることに。巻き道も簡単に見つけられた。

Zenki2_3 

不思議な体勢で写真撮影。その手には防水の写ルンです…

Zenki3

一面のナメも全面に水が流れていて壮観。

Zenki4

ゴールの垢離取場。

大雨の影響で水量は多かったが、その水は澄んでいて美しい。やはり豊かな山と森の恵を感じずにはいられない。癒されまくりの前鬼川遡行に全員が大満足の1日だった。来年も帰ってくるからね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

赤坂谷→ツメカリ谷で初体験

Akasaka2今年も来ました赤坂谷→ツメカリ谷周遊。

囲炉裏の亀さんに声を掛けていただき、お気に入りの周遊コースへ。今回は愛知からバリバリのクライマーご夫婦も参加され、4名での遡行。まずは本流を仙香谷出合いまでテクテク歩く。

仙香谷で二人連れの方と出会う。こちらは手作りのわらじを履いておられた。同じくわらじのKご夫妻とわらじ談義に花が咲く。その後、このお二方ともご一緒することになり、総勢6名のワイワイ遡行に。

Akasaka1_2

水量が少ないので、いつもはできない直登にトライ!!

Akasaka4

沢は始めたばかり、泳ぐなんてとても…とおっしゃっていた割に、滝を見ると猛然と泳ぎだすKご夫妻。さすがはクライマー。

Akasaka5

私以外は皆さんクライミング上級者!!そんなところにトラバース課題が!

Akasaka6

期待していた赤坂谷のナメも水量が少なく乾いた感じが残念。

Akasaka3

赤坂からツメカリへの尾根越え。仙香谷で出会ったお二方に、直接ツメカリ谷のすだれ状滝へダイレクトに出るコースを案内していただいた!!赤坂→ツメカリは結構なロングコースで、去年は裏見の滝の少し下流に出てそこからすだれ状滝に下降した時点でヨレてたが、その距離を丸々ショートカットできるなんて…。嬉しいじゃないですか!!前回、お岩さん事件で懲りたので防虫ネットをかぶる私…。こうして見るとかなり間抜けだ。

Tumekari1

ツメカリ谷に出たところで、ランチタイム。手袋を外すと…ヒルちゃんが~!!手首にヒルちゃんが付いてる~!!!沢登り3年目にしてとうとう初体験。流血もそれほどひどくなかったので安心していたら、1週間後にものすご~く痒くなった。ブヨに引き続きヒルもあなどれない。

Akasaka7

本流S字廊下には大勢のツアー客が。私達も泳ぎまくり、飛込みまくり!!ツメカリ下降が短かったので、余力が残っていて思う存分楽しむことができた。

今回は偶然の出会い、レベルの高い愉快なメンバーでの遡行で、今まで知らなかったルートやクライミングスポットを発見して、これからますます沢での楽しみが増えた。本当に良い1日だった。声を掛けてくださった亀さん、ご一緒していただいた皆さんありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ボルダリング復帰